お弁当のおかずやサラダ、タルタルソースなど、さまざまなシーンで活躍してくれる「ゆで卵」。しかし、茹で加減が意外に難しく思っていたよりも固めに仕上がってしまった…なんて経験された方もきっと多いはず。
紙のスクリーンショット
出典:TVer(マツコの知らない世界)
2019年6月11日(火)に放送された『マツコの知らない世界』にて、“15年間毎日10個卵を食べる男”こと「小林真作」さんが教えるゆで卵の作り方が筆者的にベストな半熟加減だったので、ご紹介したいと思います。

Sponsor link

半熟ゆで卵の作り方

1.画鋲などで卵のおしりに穴を開ける。画像は100円ショップの「卵の穴あけ器」を使っています。
ゆで卵に穴を開ける器具
2.お湯の高さは18ミリ程度、沸騰してから卵を入れる。
水の分量を指で計っている
だいたい人差し指の第1関節の半分くらいまでです。火力に関しては紹介されていなかったので、中火で茹でました。
3.最初の90秒ゆっくり回すと、茹で上がった際に黄身と白身のバランスが美しくなります。
卵をフライパンで茹でている
4.フタをして6分30秒茹でる。小林さんいわく、固めに仕上げたいときは8分30秒、固茹でのベストな茹で時間は10分なのだそう。
卵を茹でている
5.茹でた後、すぐに氷水で冷やす。

1 2