お家で作ったカレーを食べたとき、「おいしいんだけど、もうちょっとコクがほしい」と感じたことはありませんか?

でも、どんな隠し味を入れればいいのか分からない方も多いはず。そこで今回は、「カレーの隠し味 甘さ編」に続き、「コク編」をお届けします!

甘さ編をチェックしたい方はこちら!

Sponsor link

カレーにコクを与える4つの調味料

コクを出すカレーの隠し味
今回用意したのは左から、焼肉のタレ・味噌・醤油・インスタントコーヒーの4種類。

インスタントコーヒー(ブラック)

インスタントコーヒー
カレーの隠し味としてメジャーなインスタントコーヒー。今回はブラックを使用します。コーヒーの風味や苦みはカレーとどのように馴染むのでしょうか。気になるところです。

焼肉のタレ

焼き鳥のタレ
果実類をはじめ、にんにくやはちみつなど、さまざまな調味料が含まれている焼肉のタレ。コクだけでなく、香りなども豊かにしてくれそうな印象。ちなみに使用しているのはエバラ「黄金の味 中辛」です。

味噌

味噌
大豆を原料に作られる味噌は一見、カレーとミスマッチな感じにも思えますが、濃厚なコクが生まれるとか…。ブレンドされている田舎味噌を使用しています。

醤油

醤油
味噌と同じく原料に大豆を用いる醤油。コクが生まれるより、塩気が増しそうな印象が強いですが果たして結果は如何に。

醤油や味噌、はちみつはとろみを弱める?

はちみつ
醤油・味噌・はちみつに含まれる「アミラーゼ」は、カレーのとろみを弱めてしまう効果があるので、入れるタイミングがとても重要!

具材と一緒に煮込むときは、“ルウを入れる前”に加えて20分以上煮込むようにしてください。

仕上げに入れる場合は、グツグツと煮立った状態で加え、時々かき混ぜながら10分以上煮込んだ方がいいのだそう。

なお、唾液にも「アミラーゼ」は含まれているので、味見したおたまなどをそのままカレーに戻すのもNGだそうです。

詳しくはS&Bの公式サイトで紹介されているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

1 2