「すき焼きのたれ」を有効活用!

豪華にすき焼きなんて楽しめたら最高ですよね。すき焼きを自宅で作る方も多いかと思います。
ただ、そうは言っても作る機会はそんなに多くない…毎日すき焼きって訳にはいかないですものね。そうなるとどうしても余ってしまうのが「すき焼きのたれ」。
今回は、そのすき焼きのたれを使った簡単アレンジレシピを紹介します!

輝くお肉がゴロゴロ、「なんちゃってルーローハン改」

「改」ってなんだろう?

皆さんがこう思っていないでしょうか。「改」ってなんだ? そもそも「ルーローハン」てなんだっけ? ご説明します!

ルーローハンとは、台湾の家庭料理のひとつ。台湾では屋台などで食べることができ、簡単に言うと「お肉かけご飯」です。
ちなみに漢字では「魯肉飯」と書きます。その美味しさから、最近では日本でも作る人が多く、“なんちゃってルーローハン”を作ることが日本でも密かに流行しています。
そのルーローハンをもっと手軽にかつ男飯にアレンジしたのが、今回の「ルーローハン改」になります!

調味料は「焼肉のタレ」だけ!

作り方はとっても簡単。簡単で旨いのが男飯の条件ですからね! ポイントとしては、煮込む前に豚肉の両面にしっかり焼き目をつけることくらい。
旨みがなかに閉じこめられて、見た目も美味しくなります。そのあとは基本的に煮込むだけ。しかも、使う調味料はすき焼きのタレだけというお手軽さ!
冷蔵庫でずっと眠っている“アイツ”だけでいいんです。

黄金のお肉がザクザク

焼き目がついた豚肉が照りっと輝く食欲を誘う姿。たれが染み込んだ煮卵をあけると、ここにも黄金が。

シンプルでいて間違いない豚肉と卵の組み合わせが、「早く食べて」と言ってきます。まずはこの見た目の旨さを味わってみてください。

タレが染み込んだサイコロステーキ

 

サイコロ状の豚肉にすき焼きのたれが染み込んで、ガッツリ食べごたえのある味になっています。
しかも、とろみのあるタレにしているため、お肉の外側にも旨みがあります。お肉と中と外の2重の旨みが襲い掛かってきますよ!
煮込んでいるため、お肉も柔らかく素敵。コロコロした見た目が可愛い、ルーローハン改。外国料理を手軽に作って、国際色豊かな男になりましょう!

「なんちゃってルーローハン改」の作り方はこちら

1 2 3