Sponsor link

料理は時間をかければ旨くなる!

せっかくの夏の休暇をとったはいいものを、特にすることなくダラダラとお過ごしの方も多いのでは。
だらっと過ごす時間を使って、ガッツリ胃袋を満たすこだわり男飯を作らないか。

ガチで手間をかけるものから、手間をかけずにこだわりの逸品になるものまで。
GOHANで紹介してきたこだわり料理3品を厳選してみました。

①俺ん家のベーコン


ガッツリ胃袋を満たす男飯「俺ん家のベーコン」を作らないか。

食べた瞬間、燻製の香ばしい香りが広がるベーコンはまさに逸品。

一度食べるとやみつきになるはず。酒との相性も最高だ!

準備するもの

・豚バラ肉ブロック:400g
・マジックソルト:適量
・桜チップ:2つかみ
・砂糖:大さじ1杯
・フライパン
・網
・アルミホイル

作り方

1.下味をつける

まずは、豚バラ肉のブロックを用意しよう。ブロック肉にフォークで穴を開け、マジックソルトをササッと振りかける。
自家製燻製ベーコン作り
マジックソルト?そんなおしゃれな調味料ねぇよ、って人は塩コショウで代用してもOK!

まんべんなくマジックソルトを塗り込んだらクッキングペーパーとラップで包み、冷蔵庫で一晩寝かせよう。
自家製燻製ベーコン作り
一晩寝かせたら、600wのレンジで2分半ほど加熱する。

2.チップ作り

ブロック肉をレンチンしている間に燻製に使う桜チップを準備。2つかみ分の桜チップに砂糖大さじ1を加える。
燻製チップ作り
アルミホイルを敷いたフライパンにまんべんなく広げる。
燻製チップ作り
桜チップの上にアルミホイルをのせ、その上に網をのせよう。
燻製チップ作り
煙が出るまで強火にかけ、煙が出てきたら弱火にする。このとき、ものすごい濃厚な香りが立ち上がるため、換気扇は必須。

換気扇を着けずにいぶすと大変なことりなるぞ!異臭騒ぎを起こしたくない人は換気扇を着けよう。

3.いざ燻製!

ここから燻製タイム。レンチンしたブロック肉をフライパンに入れたらフタをし、20分放置。
ベーコンを燻製している
20分経ったら裏返し、また20分ほどいぶそう。肉全体が香ばしい色合いになったら完成だ。
燻製したベーコン

完成!

そしてお待ちかねのカッティングだ。この瞬間のために作ったといっても過言ではないくらいたまらない瞬間。
ベーコン
思いのままの大きさに切り分けて完成だ。

香ばしいベーコンはワンランク上の晩酌を楽しみたいとき、丼モノに使えば一気に上品になるぞ。

一度作ればあなたも燻製の魅力にハマるはず!時間があるときにぜひ、挑戦してみてはいかがだろうか。