カレーライス
子どもから大人まで、老若男女問わず親しまれている「カレー」。今や多種多様なカレールウが販売されていて、具材と煮込むだけで誰でも簡単に作れます。

パッケージに記載されている通りに作って食べても十分おいしいですが、できればもっとおいしく作りたいもの。そこでポイントとなるのが“隠し味”です!

しかし、ひと口に隠し味といっても、はちみつやウスターソースなど、いろいろな調味料が紹介されていて、一体どれが自分が求めている味に近いのかわかりませんよね…。

そこで今回は“カレーに甘さをプラス”してくれる「カレーの隠し味 甘さ編」をお届けします!

メジャーなものから、ちょっと変わった隠し味まで。カレーに加えると、どれくらい味が変わるのかを調べてみたいと思います。

Sponsor link

甘い食材の隠し味でカレーはどう変わる?

甘さをプラスする隠し味として5種類の食材を用意。
甘い食材

はちみつ

とろっとしていて甘みが強いはちみつ。加えることで一気にカレーが甘くなりそうなイメージがありますが、どう変化するのでしょうか。楽しみです!
はつみつ

すりおろしりんご

はちみつと同様、こちらも隠し味の定番食材とされるりんご。甘いフルーティな味わいがカレーをどう変化させるのか気になります。
りんご

ビターチョコレート

コクをプラスしてくれるチョコですが、今回は「甘さ編」に採用しました。パッケージにはブラックチョコレートと記載されていますが、結構甘めです。
チョコレート

チャツネ

カレーマニアの人が隠し味に使っていそうなチャツネ。マンゴーをペースト状にしたものなので、立ち位置的にはりんごと似ています。カレー用として加工されているので、一気においしくなりそうな予感がします。
マンゴーチャツネ

パルム

変わり種として採用したのがバニラアイスのパルム。ネットではクリーミーさをプラスしてくれる、と書かれていましたが、謎に満ちています…。
バニラアイス

カレー作りはパッケージ通り

今回は使用するカレールウは、誰もが一度は食べたことのあるであろう「バーモンドカレー」。辛さは中辛を採用しました。
バーモンドカレー
パッケージに従って作っていきます。
カレーのパッケージ

調味料を入れるタイミングは下記の通り
・はちみつ⇨水を入れて煮込むタイミング
・はちみつ以外⇨ルウが溶けてから加え、馴染ませるために10分煮込みます