トマトの酸味と程よい甘さがおいしさ引き立てるケチャップ。ディップしてもよし、ご飯と炒めてもよし、さまざまな用途に使える万能調味料ですよね。

でも、もうちょっと甘さを控えめにしたい、もっと“トマト感”がほしいとお思いの方も多いのでは。そこで今回は、お家で簡単に作れるケチャップの作り方をご紹介します!

ミキサーや凝った食材は使わず、スーパーで手に入りやすい食材で作れるところもポイント。自分好みに味を調整してオリジナルのケチャップを作ってみてくださいね!

Sponsor link

トマト缶を使ったケチャップの作り方

材料

いろいろな調味料と食材
トマト缶(ホール):1缶
玉ねぎ:1/2個
りんご:1/2個
セロリ:1本
にんにくすりおろし:1片分
(A)
ローリエ:1枚
唐辛子(種は除く):1本
セロリの葉、セージ、クローブなど:お好みで
(B)
砂糖:大さじ1/2
塩:小さじ2
胡椒:適量
酢:大さじ2

トマトは生でも大丈夫!

今回はトマト缶を使用していますが、生トマトを使っても構いません。生トマトの場合は、中サイズのトマトを5〜6個ほど用意してください。

香辛料は必要?

スパイスを使うことで風味が豊かになり、本格的な味わいになります。しかし、スパイスをお持ちの方も少ないと思います。お持ちでない場合は、スパイス類は入れなくても構いません。ただし、ローリエはなるべく入れるようにしてください!

ローリエを入れることで、ケチャップの味と風味がグッと引き締まります。シチューなど、さまざまな料理に使えるので持っておいて損はありませんよ。本格的なケチャップを作ってみたいという方はこの機会に、セージやクローブなども揃えてみてはいかがでしょうか。

作り方

1.トマトホール缶は潰しながらザルで濾して鍋に入れる。
トマト缶
手で握り潰すと素早く濾せます。
トマトを潰している
2.玉ねぎ、りんご、セロリ、にんにくをすりおろし、ザルで濾して[1]に加える。
リンゴをすりおろしている
にんにくはチューブ状のものを使っても問題ありません。お好みで使い分けてください!

1 2