1984年に『週刊少年ジャンプ』にて連載がスタートした「ドラゴンボール」。詳しい内容までは知らなくとも一度はアニメや漫画を見たことがあるのではないだろうか。

「冒険」「夢」「バトル」「友情」などを描いた長編漫画だが、ストーリーが展開するうえ欠かせないものといえば、タイトルにもなっている秘宝・ドラゴンボールだろう。7つ集めると神龍(シェンロン)と呼ばれる龍が現れ“どんな願いも叶えてくれる”。もちろん、そんなもの現実に存在するはずがないと思っていた。ついこの間までは…。

しかし、ついに見つけてしまった! どんな願いも叶えてくれるドラゴンボールの作り方を。
残業する人

みんな、もう大丈夫だ! 夜遅くまで働いているのに、老後の年金が支払われるかどうかの心配なんてしなくていい。それどころか“永遠の命”を手に入れることができるかもしれない。食事に困ることもないだろう。今から教えるドラゴンボールを作り方さえ知っていれば!

そう、この世にないのであれば、作ればいいのだ!

Sponsor link

食べられるドラゴンボール

ドラゴンボールが作れると聞いて驚いた方も多いだろう。筆者も聞いたときはびっくりした。しかし、それ以上に驚いたのはドラゴンボール作りに必要とする材料だ! これがめちゃくちゃ身近なもので作れるもんだから、びっくらこいた。

とくと見よ!これがドラゴンボール作りに必要な材料だ!

材料

食材と調味料
にんじん:1本

水:250cc

固形コンソメ:1/2個

粉ゼラチン:5g

オリーブオイル(サラダ油可):適量

どうだ、驚いただろう。ゼラチンを除き、どの材料も一度は使ったこのあるものばかりだ。この材料でドラゴンボールを7個作るだけ。多少めんどうではあるが作っていくとしよう。

重大なミスに気づく…

どんでもないミスに気づいてしまった。なんと、ドラゴンボール作りに使う容器がひとつしかないのだ。
ボール型の容器

ヤ、ヤバい。願いが叶えられない。これは予定外の凡ミスだ。なんてこった。欲をかいてしまったばっかりに神が罰を下したのか? いや、そんなはずはない。神龍はまだ召喚していないのだから。

どうする…。ひとつひとつ作るなんてめちゃくちゃ手間だ。なにかいい方法はないのか。

はっ!? 1個で7個分の効果を持つドラゴンボールを作ればいいんじゃないか? そうだ。それだ! 1個に1~7個分の星(にんじん)を足した28個の星を入れればいいのだ。

手順

1. にんじんは薄くスライスし、星型の型抜きを使って切り抜く。
星型のにんじん
細かい作業だが、☆型にくり抜くアイテムがあればお茶の子さいさいよ!

2.鍋に[1]と水、コンソメを入れて少し煮込み、にんじんを取り出す。
人参を茹でている
なるだけおいしく食べたいので星を茹でる。

3.[2]に粉ゼラチンを入れてしっかりと溶かし、火から離しておく。
ゼラチンを溶かしている
ここはかなり重要な工程だ。しっかりとゼラチンを溶かしておかなければ、仕上がりに大きな違いが出てしまう。

4. 球形の製氷器に油を薄く塗っておく。
容器に油を塗っている
油を塗っておくことでドラゴンボールがくっつかなくなる。(ドラゴンボールがくっつくってなんだよ!?)

5. コンソメスープを少量入れ、冷蔵庫で緩めに固める。その上ににんじんと少量のコンソメスープを入れて冷蔵庫で固める。
ゼラチンに人参を入れている
ここが想像以上にめんどくさかった。コンソメスープにすぐ星を入れてしまうと沈んでしまうのだ。そのため、冷蔵庫で緩くゼラチンを固める必要がある。

少し固まったらまた星を入れていく。ちなみに現在時刻は22時半。俺は一体なにをしているんだ? こんな時間に…。

6. [5]を繰り返す。
ゼラチンに入れた人参

7. 型から取り出せば完成!

1 2