画像:ぱくたそ

卵を茹でるだけで作れる「ゆで卵」。作り方はとてもシンプルですが、サラダに入れたり、タルタルソースにしたりなど、さまざまな用途に利用できますよね。

タルタルソースに使うときは固め、煮卵に使うときは半熟など、使う用途に応じて茹で加減も変わってきますが、「固めだけど、もうちょっと半熟よりにしたい」なんてこだわり派の方もいるかと思います。

今回はそんなこだわり派の方向けに、卵28個を使って茹で加減が一目で分かる、ゆで卵の早見表を作りました! 固めから柔らかめまで、さまざまな茹で加減の中からお気に入りを見つけてみてください! 

Sponsor link

知って得する! ゆで卵を作るときの豆知識

黄身を真ん中にするには?

菜箸で混ぜる

ゆで卵をカットしたときに黄身が真ん中にくるようにしたい、そんなときは黄身を真ん中にするコツは沸騰していない状態で卵を入れ、水が沸騰するまで(だいたい3~4分ほど)卵を転がしましょう。そうすると黄身が真ん中にきます。卵同士がぶつかって割れる恐れがあるので、優しく転がすようにしてください。

底が丸い容器で茹でる

底が平面な容器だと卵を転がす必要がありますが、底が丸い薬缶(やかん)などであれば、卵がくるくると回るので黄身が自然と真ん中にきます。

卵の殻を上手に剥くには?

簡単に殻を剥くコツはゆで卵を冷水に漬けること。氷水が理想ですが流水でも問題ありません。冷水で冷やすことにより、膨張した卵がキュッと引き締まり身と殻の間に隙間ができて、殻が剥きやすくなります。このとき、卵にヒビを入れておくと、水が入りさらに剥きやすくなりますよ。

100均のグッズが便利!

100円ショップで販売されている「卵の穴あけ器」がとっても便利。

針で小さな穴を空けることで殻が向きやすくなります。また、安全ピンで代用することも可能です。

ゆで卵を作る条件は4つ

・冷水から冷たい卵を茹でる

・沸騰しているお湯で冷たい卵を茹でる

・冷水から常温の卵を茹でる

・沸騰しているお湯で常温の卵を茹でる

※すべて同じメーカーの卵を使用しています。

茹で時間

6分~12分

1 2 3