秋の味覚のひとつ「きのこ」。炒め物や鍋など、さまざまな料理で活躍しますが、先日そんなきのこに関する興味深い商品を見つけました。それがこちら!

Sponsor link

きのこ栽培キット「もりのしいたけ農園」

簡単に説明すると、発芽準備をしたあと放置しておくだけで、勝手にしいたけが生えてくるというすごい商品。数日~2週間でしいたけが育ち、ちゃんと食べられるとのこと。しかも1度だけでなく、2回ほど収穫できるのだとか。

箱の裏には栽培手順が詳しく記載されています。

収穫までの主なサイクルは浸水→発芽→収穫→休養(2~3週間)→2巡目。

一度収穫するとブロックが休養期間に入り、次の発芽まで2~3週間ほどかかるのだそう。その後、浸水させ同じように育てることで再び発芽するようです。

問題なく発芽すれば料理に使えるということもあって、実際に育ててみることにしました!

きのこも気になるけど、会社も気になる

「しいたけ栽培キット」なんて斬新な商品を発明したのはどのような会社なのか気になったので、調べてみました。

この商品は、森産業株式会社という会社が作っているらしく、「森喜作(通称:Dr.Mori)」という人が創業しました。

森さんは学生時代、借財して購入した原木にしいたけの胞子が自然付着するように日々研究を行い、挫折と失敗を幾度となく重ね、しいたけの菌を栽培させたチップを原木に入れ込む「純粋培養菌種駒法」を発明したのだそう。この発明エピソードは小学生の国語の教科書にも取り上げられたのだとか。意外とすごい人でした。

この人が森さん。今ではキャラクター化されているようですね。よく調べてみるとちゃっかりLINEスタンプにまでなってました…。

開封

開けると箱の中には栽培キットのほかに、育成用の袋と詳しい栽培方法が記された説明書が入っています。

 

栽培キットはずっしりと重く、箱の重さこみで約1.7キロほど。

菌類ということもあり、ちょっとカビくさいのかな?と思っていましたが、ほぼ無臭でした。かすかに森の中にいるような匂いがする程度。意識して匂いを嗅がないと気づかないくらいです。

衝撃の事実!

栽培キットが入っている袋は密閉されていますが、開封前にしいたけが発芽している場合もあるのだそう。親指大のサイズであればそのまま育成していいそうですが、それ以上成長している場合は、一旦収穫してから浸水の工程に進むのだとか。違った意味で“フライングゲット”ですね…。おそるべし生命力。

浸水

開封したあとは栽培キットを水洗いします。撫でるように表面を濡らすといいそうです。6~9月(高温期)頃はバケツに栽培キットが半分ほど浸かるくらい水を入れ、30分ほど放置するのだとか。気温が高い時期は浸水の作業が少し変わるようです。

発芽準備

栽培キットを付属の袋に入れたら、霧吹きで表面をまんべんなく濡らすそうですが、霧吹きがなかったのでコップでジャバジャバと水をかけました。霧吹きがない場合はコップでもいいと説明書に書いてありましたが、かけたあと栽培袋の中に水が溜まるので、溜まった水は捨てた方がよさそうです。

濡らしたあとは、少し隙間を開けた状態で袋を閉じます。このとき、栽培キットの表面が乾いているとしいたけの芽が出ないこともあるそうなので、丁寧に水をかけてあげましょう。

大人になると仕事に追われ、自然に植物を育てなくなるもの…。久しぶりに“植物に水を与える”という行為を行なった気がします。小学生の頃、夏休みにやっていた植物観察の気分を思い出しました。

発芽と育成

しいたけ栽培キットの成長スピードはとても早く、5日~2週間経つと小さいしいたけの芽が出てくるのだそう。

栽培温度は朝~夕方が20~23℃、夕方~朝は18℃以下がおすすめなのだとか。気温が高く室内が18℃以下にならない時期は夕方は屋外へ、朝は室内に入れるといいそうです。ここからはしいたけの成長をお届けします!

※浸水作業を行ってから12時間おきに撮影を行っています。

1 2 3