ガーリックバターでソテーしたチキンに甘辛いマスタードソースを絡めた「マスタードガリチキ野郎」を紹介します!チキンはにんにくの風味をたっぷり効かせたバターで焼いてパリパリジューシーに。

さらに、マスタードの効いた甘辛いソースで煮込むことで、ピリッとスパイシーな大人の男の味になります。ご飯はもちろん、お酒がどんどん進むこと間違いなしのレシピです!

Sponsor link

身近な材料で簡単甘辛味

鶏肉料理
ジューシーなチキンに甘辛いソースは、お酒もご飯も進むこと間違いなしの組み合わせですよね。でも、単に甘辛いだけではあなたは満足しないかも。

そこで今回は、にんにくとマスタードを使った「マスタードガリチキ野郎」を紹介します。中濃ソースとケチャップなど、スーパーやコンビニでも揃えやすい調味料をメインに使って甘辛いソースが簡単に作れます。

そこへマスタードを加えることで、ピリッとしたスパイシーな味にランクアップ。にんにくを効かせたチキンと合わせれば、男の肉料理になります!

鶏肉は皮目から焼いてパリパリに

焼いた鶏肉
鶏肉を焼くときは、皮目からしっかり焼くことがポイントです。にんにくの香りが移ったバターで皮目を焼くことで表面がパリッパリのクリスピーな食感に、中は閉じ込められた肉汁によりじゅわっとジューシーな仕上がりになります。

たっぷりのガーリックを入れることで食欲そそる香りになりますが、焦げやすいのでバターで炒めるときは注意してください。にんにくは焦げると苦味がでてしまい、おいしさを損なってしまいます。

肉の旨味をソースに無駄なく使う

鶏肉にたれをかけている
肉を両面焼いたら、フライパンでソースを作っていきます。ソースを作る時は最初に水を入れるのがポイントです。中濃ソースやケチャップ、はちみつなどは糖分が多いので、熱いフライパンにいきなり入れると焦げ付いてしまいます。

調味料を混ぜたら肉を煮込んでいきましょう。肉と一緒にソースを煮込むことで、肉から出た旨味のエキスとガーリックバターがソースをさらに奥深い味にしてくれる上、肉にも甘辛い味がしっかりと染み込みます!

「マスタードガリチキ野郎」の作り方

材料(1人分)

鶏モモ肉:300g
塩:適量
胡椒:適量
バター:1片
にんにく:1片
乾燥パセリ:お好みで
(A)
粒マスタード:大さじ2
ケチャップ:大さじ2
中濃ソース:大さじ1
ハチミツ:大さじ2
水:100cc

手順

1. にんにくは薄切りに、鶏モモ肉は半分に切って塩胡椒を振る。
刻んだにんにく
2. フライパンにバターとニンニクを入れ、弱火で香りが立つまで加熱したら、鶏モモ肉を皮目を5分、返して3分ほど焼く。
鶏肉焼き
3. (A)を加え、フタをして煮詰める。
煮詰めている
4. 皿に盛り付け、乾燥パセリをかけたら完成!
鶏肉料理

旨味たっぷりのソースをチキンにかけて!付け合せにも

煮込み終わったらお皿に移し、フライパンに残ったソースと乾燥パセリをかければ完成です。マスタードが効いた甘辛ソースのチキンはご飯はもちろん、ビールやサワーのお供に相性抜群です。

付け合せにフライドポテトや焼き野菜を添えたり、トッピングで粉チーズや追いマスタードをかけるなどもおすすめですよ!