暑いくて食欲がないときでもさらっと食べられる「冷奴」。鰹節やネギに醤油をかけてシンプルに食べるのもいいですが、たまにはひと手間かけてうんと美味しくしませんか。

今回は個性的な冷奴のアレンジレシピを3つご紹介します。気になったレシピがあれば、ぜひ作ってみてくださいね!

Sponsor link

「冷奴の卵黄ソース」

醤油の代わりに卵黄を使った「冷奴の卵黄ソース」は、まろやかな味わいが楽しめるアレンジ。オリーブオイルを加えることで、香りも豊かになります。冷奴をちょっと上品にいただいときにおすすめです!

パルメザンチーズがコクと程よい塩気をプラスしてくれるので、さっぱりとしながらもしっかりとした風味を楽しめるでしょう!

冷奴の卵黄ソース

材料(1人前)

・豆腐:1個
・卵黄:1個
・オリーブオイル:小さじ1
・パルメザンチーズ:小さじ1/2
・塩:2つまみ 

作り方

1.豆腐は水切りしておきます。
2.卵黄とエクストラバージンオリーブオイル、パルメザンチーズ、塩をボウルに入れ泡立て器で混ぜます。
3.豆腐を器に盛りつけたら上から[2]をかけて、お好みで刻みネギをかけて完成です。

ワンポイントアドバイス

最後に刻みネギをかけることで食欲が増す風味を加えられますが、お好みでペッパーなどのスパイスやタイムなどのハーブでアレンジすることもできます。

冷奴のバターめんたいソース

明太子独特の風味がバターのコクと相まったソースは絶品。小さじ1杯の醤油を加えることで、味がグッと引き締まります。明太子の粒がプチプチと弾ける食感と合わせて楽しんでみてください!

冷奴のバターめんたいソース

材料(1人前)

・豆腐:1個
・たらこ(もしくはめんたいこ):好きなだけ
・バター:10g
・しょうゆ:小さじ1杯

作り方

1.豆腐は水切りしておきます。
2.フライパンでバターを加熱して溶かします。
3.溶かしたバターにしょうゆを加えて混ぜます。
4.バターの荒熱が取れたら、たらこ(めんたいこ)を混ぜます。
5.器に豆腐を盛りつけ、[4]をかけたら完成です。

ワンポイントアドバイス

たらこ(めんたいこ)は、加熱により変色し、風味が飛ぶだけでなく食味も変わってしまいます。

そのため、バターを溶かす際は、弱火でできるだけバターを熱くしないよう気をつけながら溶かしてください。

冷奴の塩うにソース

最後は少し贅沢な「冷奴の塩うにソース」をご紹介! 「冷奴にうに!?それって合うの?」とお思いの方も多いと思いますが、こちらがまた合うんです! 意外なほどクセになる味に仕上がるのでぜひ試してみてください。

冷奴の塩うにソース

材料(1人前)

・豆腐:1個
・塩うに:小さじ1/2
・酒:大さじ2
・みりん:小さじ1
・しょうゆ:大さじ1/2
 

作り方

1.豆腐は水切りしておきます。
2.酒とみりんを鍋に入れ、煮切ってから冷まします。
3.冷ました[2]に塩うにとしょうゆを加え、ざっくりと混ぜます。
4.器に豆腐を盛りつけ、[3]をかけたら完成です。

ワンポイントアドバイス

うにをソースに完全に混ぜ込むよりも、少し形が残る程度にざっくり混ぜた方が、うに本来の香りと食感が残っていっそうおいしく召し上がれます。

お酒に合うおつまみレシピ