「コカ・コーラ」は1886年に誕生して以来、世界中の人に長年愛され続けてきた。この長い歴史を持つコカ・コーラになんと、エナジードリンクが発売されたので飲んでみた!

さらに、翼を授けるあのエナジードリンクと比較もしてみたぞ!

Sponsor link

コカ・コーラ エナジー (190ml缶/250ml缶)

コカ・コーラエナジー
出典:日本コカ・コーラ 公式サイト

コカ・コーラ社は、なんと世界中で500以上のブランド、4100以上もの製品を展開している。
最近の新商品だと透明なコーラ⁉︎が発売されているぞ!

コカ・コーラとコカ・コーラ クリアライム

▷記事はこちら

そして、このラインナップに今回新しくエナジードリンク「コカ・コーラ エナジー」が加わった。
ヨーロッパを中心に2019年4月から先行発売されていたが、7月1日に待望の日本初上陸を果たした!

商品のコンセプト

「コカ・コーラ エナジー」は、エナジードリンクの特性に加え、「コカ・コーラ」ならではのおいしさと安心感から、活動的で忙しい毎日を送る日本のお客様に日常的に選んでいただける新しいエナジードリンクです。‟SPREAD YOUR POSITIVE ENERGY“というコンセプトで、「コカ・コーラ」が持つポジティブで飲んだ時にもたらす高揚感に加え、エナジードリンクならではの刺激的な味わいが楽しめる「コカ・コーラ エナジー」は、飲んだ人に前向きなエネルギーを与え、それを伝播させていきます。
公式サイトより

多忙を極める現代人、特に若者は仕事に多くの時間と労力を割いている。

仕事だけでなく私生活も充実させるため多大なエネルギーが必要だ。

そんな背景もあり誕生したのが「コカ・コーラ エナジー」!

飲んだ人に前向きなエネルギーを与え、さらにそれを伝播させてくれる商品のようだ。

外観のデザイン

コカ・コーラエナジー
外観は、大きく“ENERGY”という文字と真っ赤な缶が特徴的である。

サイズは、250mlと190mlの2種類。値段はそれぞれ、205円(税込)、160円(税込)。
190mlは自販機でしか売られていないので注意!

原材料名

糖類(果糖ぶどう糖液糖、ぶどう糖)、ガラナエキスパウダー/炭酸、酸味料、香料、カラメル色素、カフェイン、保存料(安息香酸Na)、ナイアシン、ビタミンB6

栄養成分表示(100ml当たり)

・エネルギー:42kcal
・たんぱく質:0g
・脂質:0g
・炭水化物:10.3g
・ナイアシン::1.6mg
・ビタミンB6:0.15mg
・カフェイン:32mg

「コカ・コーラ」と比較して飲んでみた

気になる味の方だが、通常の「コカ・コーラ」と比較してみよう。
コカ・コーラとコカ・コーラエナジー

「コカ・コーラ エナジー(写真左)」の方がクリアな色をしている。コーラほど香辛料の香りはしないが、ほんのりコーラの匂いがした。
コーラとエナジードリンクの比較

見た目からも伝わってくるこの強炭酸感!
コーラとエナジードリンクの比較

飲んでみた結果

・「コカ・コーラ」ほど甘くない
・炭酸は同じくらいの強さ
・「コカ・コーラ」ほどのスパイシーな香りはなく、全体的にすっきりとした味わい。後味もすっきりとしていて、酸味とスパイシーな香りが少し残る。

単純な美味しさでは、やはり通常の「コカ・コーラ」には敵わない。
しかし、今までのエナジードリンクよりも“栄養ドリンク”の味がほとんどないので、エナジードリンクが苦手な人におすすめしたい。

1 2