日本人の食生活に欠かすことのできないお米。ほぼ毎日食べているという人もいるだろう。特に炊きたてのご飯はホクホクとしていて美味しく、何杯でも食べてしまいたくなるものだ。

しかし、どんな食材も食べ過ぎてしまえば太るもの。おかずを選ばない“ある意味”パーフェクトフードと言ってもいいご飯も例外ではない。しかも、唐揚げなどいわゆる“茶色い系のおかず”と一緒に食べるとなおさらカロリーも増してしまう。

美味しいものをただお腹いっぱい食べたいだけなのに、私たちは常に“食べ過ぎ”を気にしなければならないのである。

救世主現る

だが、そんな悩みを解決してくれる商品を筆者は見つけてしまった。それがこちら。

「お米のかわりに食べるカリフラワー(税込 267円)」

こちらは『TOPVALU(トップバリュ)』から発売されている商品で、お茶碗1膳のカリフラワーで、なんと糖質を1/25(精白米150gとカリフラワー150gで比較した場合)にまで抑えることができるというすごい商品。

白米を「お米のかわりに食べるカリフラワー」に変えるだけで、“食べ過ぎても太らない”という夢のような食生活を送れるようになるのである。※おかずを食べ過ぎると太ります。

おかわりしたい気持ちをグッと我慢していた日々とはもうおさらば。「お米のかわりに食べるカリフラワー」に変えるだけで、好きなだけ“おかわり”をしていいのだ。

しかし、ここで気になる点がひとつ。いくらお米のかわりになると言われても、やはり気になるのは味や食感。お米のように細かく刻んでいても、白米のようなモチっとしているわけではないだろうし、食感も固めなのでは?

本当にお米のかわりとして食べられるものなのか。その疑問を晴らすべく実際に食べてみた。

電子レンジで解凍するだけ!

冷凍食品のため電子レンジで解凍するだけで、食べたいときに好きな分だけ食べられるところも嬉しいポイント。

加熱時間は約3分40秒(1/2袋(150g)を500wで加熱した場合)。

解凍するときは平たくお皿に盛り、ラップをかけて電子レンジで加熱してください。また、自然解凍はせず、必ず加熱をしてください。

見た目はもっとボサッと乾燥した感じに仕上がると思っていましたがそんなことはなく、カリフラワー自体に水分が含まれているのか、意外とみずみずしい。

特に味付けもせずそのまま食べてみると、食感は少し芯が残ったリゾットのよう。アルデンテのような歯ごたえのおかげもあり、食べ応えをしっかりと感じることができる。そのまま食べたので味はもちろんカリフラワーだったが、軽く塩を振って食べても美味しかった。他の食材や調味料と合わせれば、味は気にならなくなるはず。

これで、夢にまで描いた“無限おかわり”ができる。そう確信したときだった。ひとつ大きな疑問が湧いてしまったのである。

1 2 3