パプリカ
パプリカはピーマンによく似ていますが、ピーマンのような苦みはなく甘みが強いのが特徴です。シンプルに生で食べても美味しいですし、加熱しても栄養が失われにくいのでさまざまな料理で活躍してくれます。

丈夫そうな見た目から長持ちしそうに思えますが、油断するとすぐに表面がしわしわになってしまい、ぶよっと柔らかくなってしまいます。そこで今回は、そんなパプリカの上手な保存方法についてご紹介します。

食卓を鮮やかに彩ってくれるパプリカは見た目も重要。いつのまにか茶色く変色していた、なんてことのないように適切な保存を心がけましょう!

Sponsor link

新鮮なパプリカの選び方

パプリカを新鮮な状態で保存するには、新鮮なパプリカを選ぶことも大切です。ここでは新鮮なパプリカを選ぶ時にチェックすべきポイントをご紹介します。

7月〜10月が旬になります。この期間は特に栄養価が高く美味しいパプリカを味わっていただけます。

表面

表面にはツヤがあり、色は均一で鮮やかなものを選ぶようにしましょう。触った時に弾力があり柔らかいものは水分量が多いのでおススメです。

ヘタ

新鮮なパプリカのヘタは切り口が綺麗で水分が多いです。逆に変色や乾燥が見られるものは中身が腐り始めている可能性があるので買わないようにしましょう。

パプリカの鮮度はヘタから落ちていくと言われています。ヘタは必ず見るようにしてくださいね!

果柄

あまり聞き慣れませんが、果実と枝をつなぐ「果柄(かへい)」と呼ばれる部分の状態も確認するようにしてください。この部分が鮮やかな緑色をしていて、切り口が綺麗な状態だと新鮮だというサインです。

これらのポイントを押さえておけば、より新鮮なパプリカを選ぶことができるはずです。美味しいパプリカを召し上がってくださいね!

常温保存する場合

パプリカ
パプリカは夏場を除けば常温でも保存することが出来ます。冷蔵庫にしまうためのスペースがない時に常温保存が可能なのはうれしいですよね。最も適している温度は7~10℃なので室温を調整する時の参考にしてください。

常温下に置いておく場合は、まず袋から出して1つずつ新聞紙、もしくはキッチンペーパーで包んでください。その後、直射日光を避け通気性のいい場所に置いて保存するようにしましょう。

保存期間

常温での保存は約1週間ほど。あくまで目安として考え早めに使い切るようにしてください。

冷蔵保存する場合

パプリカを日持ちさせたい時は、冷蔵庫での保存がおススメです。冷蔵庫と言ってもパプリカに適した温度を考慮すると設定温度が高めの野菜室で保存するのがいいでしょう。

また、食感が損なわれにくいので生の状態のままサラダ等に使いたい方にも冷蔵保存はベストだと言えます。

手順

1.ふきんやキッチンペーパーを使ってパプリカに付いた汚れや水滴を落とす。
※水気が残っていると鮮度を落とす原因になってしまうので気をつけましょう。
2.パプリカを1つずつキッチンペーパーで包み、その後ビニール袋に入れて口を軽く締める。
※口を軽く締めて空気の通りをよくすることで、長持ちさせることが出来ます。
3.野菜室に入れて保存する。

この方法では、約10日ほど新鮮な状態を保つことが出来ます。10日以上経つと、だんだん味も食感も落ちてくるので、期間内に消費するようにしましょう。

カットした場合

カット済みのパプリカをそのまま冷蔵保存してしまうと、すぐに切り口の断面から乾燥が進んでしなしなになってしまいます。

軽く湿らせたキッチンペーパーで、断面を覆うようにしてから袋に入れると乾燥を防ぐことができます。

カットするとより早く鮮度が落ちます。4~5日ほどを目安に出来るだけ早めに使い切りましょう。