男飯といえば豚肉!みんな大好きなはず。今回は豚肉を使った男飯のオススメ3品を紹介します。ご飯のおかずにピッタリな、ガッツリ食べれるものを用意しました!

おかずとしてだけでなく、お酒のおつまみにも使える料理を選んでいます。おかずとおつまみ、一石二鳥なお得レシピでお腹を満たしてみませんか?

ネギダレでご飯がとまらない「カリカリ油淋豚」

中国料理で「油淋鶏(ユーリンチー)」って料理がありますよね。 今回作るのは油淋鶏の豚肉版、「ユーリントン」です。

油淋鶏の香ばしさや風味を活かしつつ、豚肉を使うことでジューシーさをアップさせました。 さらに、豚バラ肉をカリカリになるまで揚げる事で食感とカロリーをプラスします。

その名も「カリカリ油淋豚」。 ご飯がメチャメチャ進むうえ、お酒のおつまみにもピッタリの男飯です!

醤油ベースのネギダレが旨さを引き立てる

油淋豚のポイントは醤油ベースのネギダレです。 この味付けがご飯との相性ぴったりなんです。 “日本の調味料”といえば醤油。ご飯と醤油は相性抜群ですよね。そこに豚肉が加わります。

そして納豆ご飯からもわかるようにご飯とネギも相性がいいですよね。つまり、醤油ベースのネギダレ+白い飯は最高級の旨さが生まれるのです。これが豚肉のポテンシャルを最大限に引き出します。

カリカリになるまで揚げること!

「カリカリ油淋豚」をさらに旨くするポイントは、豚肉をカリカリになるまで揚げること。カリカリに揚げることで豚肉の旨みをしっかり閉じ込めます!

カリカリの衣にもお肉の旨みが浸み込み、カリッとした食感と香ばしい匂いがより一層食欲をかきたてます。

でも、カリカリに揚げるのなんで難しいんじゃない?と思われるかもしれません。 大丈夫です、簡単な方法を紹介します。

カリッと揚げるポイント

カリッとした食感を出すには油の温度がポイントです。180℃の油でしっかりと揚げることで豚肉がカリカリになり旨さも倍増します。

油が180℃に達したかどうかは、菜箸を使うことで確認できます。菜箸を入れたときにシュワシュワと気泡がたくさん出てくるようなら180℃に達している証拠です。

「カリカリ油淋豚」の作り方はこちら
にんにくのお祭り!「甘辛豚にんにく野郎」

豚肉とたっぷりのにんにくを甘辛いタレで炒めた「甘辛豚にんにく野郎」は、 にんにくとにんにくの芽を使ったにんにくのオンパレードレシピ。

そこに豚肉を加えることで、男の食欲を誘う強力な男飯の誕生です! にんにく好きにはぜひとも食べてほしい、食べたあとは誰とも会話ができなくなるニンニクパラダイスを味わってみませんか。

パンチのある味が食欲を誘う

この料理のポイントはなんと言ってもパンチ力。 2種類のニンニクによる香りと味、ニンニクと相性の良い豚肉、そして甘辛のたれ。

ガッツリとした要素てんこ盛りです。旨みのオンパレード。 さらにお好みで卵黄をのせちゃってください。 卵は男のパワー源。さらにパワーがみなぎること間違いなしです!

にんにく尽くし

にんにくの芽を料理に使う方も少ないのでは? 「芽」とありますが、スーパーで売っているのはクキの部分。 つまり、にんにくから生えてくる緑の茎の部分です。

ネギを細くしたような見た目で、シャキシャキの食感が楽しめます。 そしてもちろん、にんにくの匂いも健在。 きざんで炒めることで、にんにく独特の食欲を誘う匂いがフライパンから立ち込めてきます!

生えてきた芽も食べられる?

ちなみに、保存しておいたニンニクからニョキニョキ生えてきた芽もそのまま長くなればスーパーで売っているニンニクの芽と同じものになります。

じゃがいもの芽と違って毒もないので、そのまま食べることが出来ます。 ニンニク片の薄切りと、きざんだニンニクの芽で豚、ばら肉を埋めつくしましょう。 飽きの来ない二段構成で存分にニンニクを楽しんでください!

手軽に簡単に作れる

この料理のもう一つのおすすめのポイントは、手軽に簡単に作れるということ。男として冷蔵庫に常備しているであろう 豚肉、にんにく、唐辛子でほとんど材料が揃います。 常備していないのは、にんにくの芽ぐらいでしょうか。

これらの食材をこれまたお馴染みのみりん、砂糖、醤油を絡めて炒めるだけ。ザ・男飯の簡単レシピ。にんにく料理にはビールが合うんです。ちゃちゃっと作ってガツっと味わってみてください!

「甘辛豚にんにく野郎」の作り方はこちら
ご飯がまったく止まらない「豚バラ甘辛山椒焼き」

甘く炒めた大量の豚肉とキャベツ、そこに山椒を加えた、「豚バラ甘辛山椒焼き」は、一般的な豚バラ炒めにアクセントとして山椒を入れることで甘くて辛い、止まらない食欲を生む男飯に変わります。

山椒のピリ辛さがアクセント

山椒の痺れるような辛さが大量の豚肉をペロリと食べさせる魔法のアクセントになります。 甘い、しょっぱい、辛いというずっと食べていたくなる味の3層構造を生むのです!

ちなみに山椒とは

山椒の木になる実などをスパイスとして用いたもの。 古くから日本で使われているスパイスで、舌が痺れるピリ辛さと、爽やかな香りも与えてくれる他ではちょっと代用の効かないスパイスです。

ちなみに英語では「ジャパニーズ・ペッパー」と呼ばれるそうですよ。 外国の方にそう言われても、知らなければ間違ってコショウを出してしまいそうですね。 さっと山椒を出して、格好良く日本をオモテナシしてあげましょう。

とっても簡単レシピ

今回紹介した3つの料理の中で、この料理が最も簡単に作れます! 手順も炒めて山椒をかけるだけなので、すぐにレシピも覚えられるでしょう。

材料も一般のものばかり。 山椒をお持ちでない方はこの機会に調味料棚にストックするのはどうでしょう。 お酒に合うスパイスなのでもっていて損はないですよ。

「豚バラ甘辛山椒焼き」の作り方はこちら
お手軽レシピならこっちもおすすめ

【男飯】秋の味覚を堪能!簡単ホイル焼きレシピの作り方をご紹介 | GOHAN