パスタの味付けを簡単に!

具材を選ばず、かつヘルシーに食べられるパスタ。ペペロンチーノやカルボナーラなど、バリエーションも豊富で多彩なアレンジを楽しめますよね。

筆者もよく家でパスタを作りますが、そのたびに思うのが具材の味付けが意外とめんどうなこと。パスタは鍋に塩を入れ茹でるだけなので簡単ですが、具材やパスタソースはそう簡単にはいきません。

パスタの種類により、具材に合ったいろいろな調味料が必要だったり、少し分量を間違えただけで味にばらつきが出たりと作るのもひと苦労。同じような経験をされたことのある方もいるのでは。

しかし、筆者のような料理下手の悩みを解決してくれる商品をついに見つけてしまいました。それがこちら!

おうちパスタ「ごま醤油ガーリック(388円/税込)」
ごま醤油ガーリック
こちらはドレッシングでお馴染みの『ピエトロ』から発売されている商品で、パスタに和えるだけでいつでも本格的なおいしさを味わえるというもの。

これ1本あれば、“味付け”という煩わしい工程を簡単かつ、味のばらつきもなくパスタが作れるのです。これでもうパスタの味付けに悩まされる日々とはお別れです!

おうちパスタとは?

おうちパスタ
手作りパスタをおうちで手軽に楽しめるボトル入りの液状パスタソース。先ほどご紹介した「ごま醤油ガーリック」の他にも「カルボナーラ」「ジェノベーゼ」「ペペロンチーノ」「たらこマヨネーズ」「ナポリタン」の計6種類あります。

これは便利!おうちパスタのうれしい6つのポイント

1.味付けは、これひとつ

パスタの味つけはこれひとつだけ。他の調味料は不要なのに、おいしい一皿ができあがります。レストラン生まれのピエトロだからできる味づくりです。

2.“手作りパスタ”がカンタン

「忙しいけど、できるだけお家でごはんを作りたい」ニーズに応える、カンタン手作りを実現するパスタソースです。

3.冷蔵庫にある食材で

冷蔵庫にある“いつもの食材”で手軽にパスタが作れます。(ソーセージ、とり肉、シーフードミックス、キャベツ、たまねぎ、ピーマンなど)

4.高い汎用性

「チャーハン」「炊き込みごはん」など、便利な『一品完結ごはんメニュー』にアレンジ可能です。

5.1本で6食分

6食分のパスタが作れる、リーズナブルなパスタソース! 1本あると、食べたい時にすぐにパスタを作れます。

6.ボトル入りが便利

使いたい量や人数にあわせて量を調整できるボトル入りのパスタソースです。

公式レシピを再現してみた!

おうちパスタについて軽く説明をしましたが、どんな味なのか、本当に美味しいのか、手間なく作れるのかは実際に調理してみなければわかりません。ということで早速、ピエトロの公式サイトに掲載されているレシピを元に料理を作っていきたいと思います。

調理に使うのは先ほどご紹介した「ごま醤油ガーリック」。味付けはこれ以外なにも使いません! おうちパスタのみで調理を行います。

鶏肉ときのこのパスタ

まず初めに作るのはパスタ。パッケージ裏面には「オススメ具材」として鶏肉ときのこが記されていたので、「鶏肉ときのこのパスタ」を作ってみることにしました。

材料(1人前)

パスタと具材
スパゲティ:100g
鶏肉:40g
しめじ:40g
おうちパスタ ごま醤油ガーリック:大さじ2

手順

1.油を引き、食べやすいサイズにカットした鶏肉としめじを炒める。
炒めたきのこと鶏肉
2.水60㏄を加えて少し煮たのち、ごま醤油ガーリック:大さじ2を加えて混ぜる。
おうちパスタ
3.茹であがったパスタを入れてよく混ぜ合わせ、お皿に盛り付けたら出来上がり!
パスタを和えている
調理時間:約15分

ほのかなにんにくの香りにきのこがマッチ

にんにくと鶏肉、しめじのおいしそうな匂いが漂ってきます。
盛り付けたパスタ
食べると醤油のほどよい塩気と香りを感じたあとに、にんにくの匂いがふわりと口から鼻へと抜けていきます。「ごま醤油ガーリック」のなかに白だしが入っているからか味が一本調子にならず、食べるたびに旨みをしっかりと感じられます。
フォークで巻いたパスタ
本音を言うとちょっと塩気が欲しいところですが、これはこれで老若男女問わず食べやすい味に仕上がっているようにも感じました。男性が作るときは、塩をひとつまみ入れてもいいかもしれません。「ごま醤油ガーリック」が1本あるだけで、めんどうな味付けの手間を減らすことができました!

また、生のにんにくを使わずとも、しっかりとパンチの効いたにんにくの風味を味わえるところもよかったです。生のにんにくは1玉で売られていることが多く、ついつい冷蔵庫に入れたままダメにしてしまうことも多いのですが、この「ごま醤油ガーリック」があれば、にんにくを買う必要もありません。

1 2