ご飯は水で炊くことが当たり前とされているが、水以外で炊いてもおいしくなるのでは? そんな疑問を元にさまざまな水分でご飯炊くこの企画。今回は待望の第2弾! 前回に引き続き今回もさまざまな水分で炊いてみたいと思います。

Sponsor link

今回も5種類の水分を用意

左からオレンジジュース、野菜ジュース、ピルクル、コーンスープ、ウコンの力。野菜ジュースを除いてなぜか黄色で揃ってしまった。味が想像しやすいものから見るからにヤバいものまで、今回も楽しい企画となりそうだ。

1回目のときに学んだのだが、この企画はご飯を食べ終えるたびに、なぜか疲れがドッと押し寄せてくるので、食べる順番が非常に重要となる。

ボクシングで例えると、ジャブから少しずつパンチの強さを上げていく感じ。順番を誤ってしまうと一気に戦意喪失になってしまう。安易な気持ちでの挑戦はメンタルの死を招く。覚悟せねば。

※米は無洗米を使用しています。

コーンスープ

まずは5種類のなかでも美味しく炊きあがりそうな「コーンスープ」から。

フタを開けドボドボとコーンスープを注いでいく。コーンのまろやかな甘い匂いが辺りに漂い始める。だが、突拍子もない組み合わせではないため、妙な安心感を覚える。味に予想がつくだけまだ優しいと言っていいだろう。今の時点で筆者はすでにピルクルの味に怯えているのだから…。

ドロッとした液体が表面に残っているためか、フタを開けたときはベチャッとした見た目をしていたがかき混ぜてみると。

先ほどのベチャッとした感じは一切ない。美味しそうだ。これは“ちょうどいいジャブ”の予感。

実食

ほどよい塩気とコーンの甘みが炊いたお米と一緒にそのまま残っていた。

多少お米がネバっとしていたが、充分美味しく食べられるレベル。コーンの優しい甘さが口の中にふわっと広がる。こんがりと焼いたベーコンがあればもっと旨くなるに違いない!

ベーコンの塩気にコーンの甘さ、このギャップが…。いや、これはあくまでもいろいろな水分で炊いたお米を食す企画。余計な食材の想像はやめておこう。むなしくなるだけだ。

コーンスープは1発目にぴったりな炊き上がりだった。だが、まだ安心はできない。ここからが本番だと言っていいだろう。

おいしい度:★★★★☆

1 2 3