Sponsor link

にんにく豚ステーキ

「最近お疲れだなー」なんて、はたまた「今日はめっちゃ頑張った!」なんて時も、がっつり肉が食べたいな、と思ったりしますよね。そんな時にぴったりなのが、今回ご紹介する「にんにく豚ステーキ」!かたまり肉をそのまま切らずに料理しちゃうんです。

そのままかぶりつくもよし、好きな大きさに切って盛り付けてもよし。がっつり肉が食べたい気分を裏切らない、ボリュームたっぷり食べ応え十分の一品です。

材料(1人分)

豚バラ肉ブロック:500g
にんにく:6片
ハーブソルト:適量
胡椒:多めに
にんにくすりおろし(チューブ可):大さじ1
サラダ油:大さじ2
焼き肉のタレ:大さじ5

意外に使いやすいかたまり肉

かたまり肉ってハードル高いイメージですが、意外に手軽に料理できるんです。表面を焼いて旨味を閉じ込めたら、あとは蓋をして火が通るのを待つだけ。じっくりゆっくり火を入れるので、柔らかくコクのあるお肉に仕上がります。しかも今回使う豚バラのかたまり肉、安売りしてたら100g 100円以下なんてことも!

どこのスーパーでもほぼ必ず売ってるので手に入りやすいのもいいですね。そんなこともあり豚バラかたまり肉は、安あがりなのに豪華に見える優秀食材なんです。

今回はそんなかたまり肉を、切らずにまるごとステーキにしちゃいます。見た目も豪華で、ご飯にもお酒にも合う、ボリューム満点ステーキです。

たっぷりにんにくでスタミナ回復

にんにくには言わずと知れた滋養強壮・スタミナ回復の効果があります。疲れた時はにんにくを!なんて言いますよね。

これはにんにくに含まれる「アリシン」や「ビタミンB1」の成分のおかげなんです。お疲れの時や、もっと頑張りたい時、にんにくを食べて体の中からパワーアップしちゃいましょう。

今回ご紹介の料理では、下味にもソースにもにんにくをたっぷり使います。かたまりの肉なので、焼いている間に中までしっかり味が浸み込むように、にんにくや調味料を丁寧にすりこみましょう。

この下味をつけるひと手間で、仕上がりが格段に美味しくなりますよ。

そしてソースには、スライスにんにくをたっぷり。出来上がった肉のうえにたっぷりにんにくが乗ってるだけで、食欲をそそりますよね。ぜひ、出来上がった肉と一緒ににんにくも食べちゃってください。

肉の旨味が浸み込んだにんにくは、にんにく好きを虜にする美味しさですよ。

フライパンで香ばしく

豚バラのかたまり肉には、茹で豚、蒸し豚などの料理もありますが、フライパンで焼き色をつけるこの「豚ステーキ」は、他の料理方法に比べてより香ばしくジューシーに仕上がります。そしてなんといっても、肉を焼いた同じフライパンでソースが作れるのも魅力です。

肉の旨味の残ったフライパンでそのままソースを作れば、旨味たっぷりの美味しいソースのできあがり! これを焼き立ての豚ステーキにたっぷりかけたら、すぐにかぶりつきたくなりますよ。

手順

1. 豚バラ肉ブロックにフォークで穴を開け、にんにくすりおろしを全体に塗り、ハーブソルトと胡椒を振って擦り込む。にんにくは薄切りにする。


2. フライパンにサラダ油を引いて豚バラ肉の表面を焼き、フタをして30分ほど蒸し焼きにする。


3. 豚バラ肉に火が通ったら取り出して余分な油を拭き取り、にんにくを加えて香りが出るまで炒め、焼肉のタレを加えて煮詰める。


4. 皿に豚バラ肉を盛り付け、[3]のタレをかけたら完成!

調理時間

50分

まとめ

ステーキといえば牛肉!だけじゃなんです。豚肉だってこんなふうに、かたまり肉をかたまりのまま焼いたら、豪華で食べ応えのあるステーキになりますよ。

牛肉よりコスパもいい、量も質も大満足の「にんにく豚ステーキ」。「今日は肉が食べたい!」「がっつり食べたい!」そんな気分のあなたに、きっと満足してもらえるはずです!