女性のイメージがあるチーズも、男飯の手にかかればボリューミーなレシピに大変身!牛肉とコラボレーションさせて、贅沢豪快な丼をかきこもう!

Sponsor link

チーズ×牛丼「ラーチー牛丼」の簡単レシピ

ラーチー丼

すき焼きのタレがあれば、こんなに本格的で簡単な男飯ができるんです!野菜と肉をひと口大に切り、すき焼きのタレで煮込みます。

ご飯に出来上がった具材をのせ、チーズとラー油をかけるだけで簡単男飯の出来上がりです。

味付けはすき焼きのタレだけ!

神戸牛

いちからタレを作るとなると手間も時間もかかりますよね。すき焼きのタレを使えば、食材と一緒に煮込むだけで本格的な味を楽しめますよ。

チーズやラー油もいいけれど、卵を落として卵とじ風にすると、マイルドな味にアレンジすることも。また、辛い物が好きならコチュジャンを加えると、ビビンバ風の丼を味わえます。

鶏肉を使えばヘルシーに

牛牛

「ガッツリもいいけれど、カロリーが気になる…」そんなヘルシー志向のあなたには、牛肉の代わりに鶏肉がおすすめ。

鶏肉はタンパク質も豊富で、カロリーも低いのでダイエットにぴったり。牛肉よりも安価に購入できるため、お財布にも優しいです。牛肉に比べ、火が通りが遅いので少し長めに煮込みましょう。

材料(1人分)

牛薄切り肉 300g
玉ねぎ 1/2個
ご飯 丼1杯
牛脂 1個
ピザ用チーズ 好きなだけ
食べるラー油 好きなだけ
(A)
すき焼きのタレ 80cc
水 120cc

手順

1 玉ねぎは薄切りにする。鍋で(A)をひと煮立ちさせたら、玉ねぎを加えて少ししんなりするまで煮る。

玉ねぎ
2. 牛薄切り肉、牛脂を加えて肉に火が通るまで5分ほど煮る。

松坂牛
3. 丼にご飯をよそって2をのせ、ピザ用チーズと食べるラー油を好きなだけかけたら完成!

絶品

調理時間

10分

大満足!煮るだけ簡単豪快レシピ

野菜と肉をすき焼きのタレと一緒に煮込むだけで簡単に作れる「ラーチー牛丼」。とろけるチーズと、香り高いごま油を加えることで、食堂にも劣らない本格男飯を楽しめます。

今夜は「ラーチー牛丼」で、ガッツリ男飯を堪能しましょう!