香ばしい匂いとサクッとした食感がたまらない「トースト」。トースター焼くだけで簡単に作れるので、なにかと忙しい朝にもぴったりですよね。手軽さから朝はいつもトーストを食べている、という人も多いのでは。

トーストを食べるうえで欠かせないものといえば、バターやジャムなどのトッピングアイテムです。ジャムでちょっと甘めに、バターでまろやかに、さまざまな味を楽しめます。

しかし、シンプルがゆえに飽きがちになってしまうもの。そこで今回は、ちょっと気になるトーストのアレンジレシピを見つけたので作り方や食べてみた感想をご紹介します! 気になったアレンジレシピがあったらぜひ、作ってみてください。

Sponsor link

ホクホクかぼちゃの煮物トースト

子どもから大人まで、みんな大好き「かぼちゃ」。ホクホクとして優しい甘さが好きな人も多いはず。でも、かぼちゃは食べる前に長時間茹でたりと下処理が必要なので、ちょっとめんどうですよね。

そんなときに活躍してくれるのが、惣菜コーナーなどに置いてある「かぼちゃ煮」です。あらかじめ下味が付いているので、余計な味付けも不要です。

材料

かぼちゃの煮物(市販):1袋

食パン(6枚切り):1枚

マヨネーズ:適量

胡椒:適量

手順

1.トーストにマヨネーズを塗ります。

2.食パンにかぼちゃをまんべんなくトッピングします。マヨネーズとペッパー(胡椒でも可)を振りかけます。

4.トースターで3分ほど焼いたら出来上がり。

マヨネーズがコクをプラス

サクッとした食感のあとにホクホクとしたかぼちゃの甘みがパッと広がります。マヨネーズとかぼちゃ、どちらもマイルドですが、ペッパーがアクセントになって味にメリハリが出ています。

焼くとマヨネーズの酸味が若干強くなるのか、そのまま食べたときよりも酸味が前に出ているように感じました。甘みと酸味、ペッパのスパイシーさが三位一体となって、ちょうどいいバランスでした。かぼちゃのゴロッとした感じも食べ応えがあっていいなと感じました。

「紅ショウガトースト」

牛丼にトッピングされているイメージが強い「紅ショウガ」。スライスチーズやマヨネーズをかけたりと、普段ではあまりやらない、組み合わせを楽しめるのがこの「紅ショウガトースト」です。

材料

食パン6枚切り:1枚

マヨネーズ:大さじ1

みそ:小さじ1

ネギ:1/3本

一味唐辛子:適量

手順

1.トーストにマヨネーズを塗り、全体に広げます。

2.紅生姜→ハム→スライスチーズ×2回繰り返します。

3.トースターで3分ほど焼いたら完成です。

強めの塩気のあとにほんのりと甘さが残る

酸味のある紅ショウガの匂いがツンと香ります。紅生姜も少し柔らかいですが、シャキッとした食感が感じられます。食べてみると、チーズのまろやかさがカバーしているからか、紅生姜のツンとした匂いはあまりなく、こんがりとしたミミと食べると香ばしさもプラスされてGood! 

ついつい余りがちになってしまう紅生姜を使って、普段とはちょっと違うトーストアレンジを食べてみてはいかがでしょうか。

1 2