2月8日現在、Twitterで16万リツイート、52万いいね!されている「じゃがアリゴ」をご存知だろうか。こちらは水を一滴も使わない「無水鍋」をはじめ、手軽かつおいしい料理をお届けする「リュウジ@料理のおにいさん」という料理研究家の方がツイートしたことで一気にバズったアレンジレシピだ。

はじめは「へぇ~おいしそう」なんて呑気に反応していたのだが、10日ぶりにツイートを見てみると、なんといいね数が52万! 今回は“52万”というとんでもない数字に惹かれ「じゃがアリゴ」とやらを実際に作ってみることにした!

Sponsor link

使う材料は3つ

じゃがりことさけるチーズ
じゃがりこチーズ味:1個
さけるチーズ:1本
お湯

じゃがりこは100円、さけるチーズは200円ほどで買えるので、合計300円ほど。めちゃくちゃリーズナブルに作れるところも人気となった理由のひとつだろう。

作り方も超簡単!

じゃがりこを開封したらマグカップへ移し、チーズが溶けやすくなるようにさく。
さけるチーズをさいている
お湯を注ぎ、カップラーメンみたいにじゃがりこをふやかす。
ラップをしたマグカップ

容器に直接お湯を注ぐのはNG!?

実際に作ってみた、という方のツイートを見てみると大半の方がじゃがりこの容器に直接お湯を注いでいるが、耐熱加工されていないため、本当はNG。移す手間がめんどう…という気持ちもわかるが、火傷につながる恐れもあるので、マグカップなどに移してからお湯を注ぐようにしてほしい!
じゃがりこ

よくかき混ぜて完成

お湯を注ぎ2~3分ほど待てば、じゃがりこはふやふやに。
マグカップで混ぜている
じゃがりことチーズが馴染むまでしっかりと混ぜれば出来上がり! 見た目はほぼマッシュポテト。
マッシュポテト
「じゃがアリゴ」が人気となった理由はおそらく、この伸びに伸びるチーズ。とにかく“じゃがりこが伸びる”!(中身はじゃがりこの容器に移しています)
じゃがアリゴ
さけるチーズを使うことで、じゃがりこ自体がドロっとひとかたまりにならず、びよ~んと伸びるようになる。

チーズが上手く溶けないときは?

お湯を注いでもチーズが溶けない、という方もいるかもしれない。そんなときは電子レンジで30秒ほど加熱してみてほしい。

「じゃがアリゴ」が冷めて伸びなくなったときにもこの方法は有効だそうなので、“映える”写真を撮っているあいだに冷めてしまった、なんてときに試してみてほしい!

なめらかなマッシュポテト

肝心の味はというと、舌触りがなめらかでちょっと濃厚なマッシュポテト。もっと濃厚になるかと思っていたのだが、予想以上にあっさりとしていた。
じゃがアリゴ
お菓子のアレンジではあるが、付け合せのおかずに出てきても違和感はない出来栄え。“濃厚さ”をプラスしたいときは、さけるチーズを2本入れて作ってみては。

いろいろな味で試してみて!

今回は「チーズ味」と「たらこバター味」で試したが、いろいろなじゃがりこで食べ比べしてみても面白いかもしれない。通常より大きいLサイズのじゃがりこも発売されているので、たくさん食べたい方はLサイズで作ってみるのもアリ! 興味のある方は挑戦してみては…。

ここで終わらないのがGOHAN!

と、ここまではどこの記事でも同じようなものだろう。ここで終わってはGOHANがすたる! ここからはGOHANの本領を発揮するとしよう。

先ほども述べたように「じゃがアリゴ」はマッシュポテトのような味わいだった。であれば、衣をつけて揚げれば「コロッケ」にだってなるはず! とろ~りとろける“じゃがアリゴチーズコロッケ”を作るとしよう。

1 2 3