かけても、そのまま食べても、はたまた腐らせてもおいしいチーズ。みなさんもお気に入りのチーズがひとつやふたつあるのでは。
さけるチーズ

多種多様なチーズのなかでも、より身近に食べられているものといえば「さけるチーズ」ではないでしょうか。つまんで引っ張るだけでスルスルとさけるチーズはちょっとした遊びにもなりますよね。どこまで細くさけるか挑戦したことのある方もいるはず。

実はそんなさけるチーズはとても簡単に作れることをご存知ですか? 今回はさけるチーズがどれだけ簡単に作れるのか実際に確かめてみたいと思います!

Sponsor link

さけるチーズの作り方

材料

モッツァレラチーズ
モッツァレラチーズ :200g
お湯:適量
塩:適量
ゴム手袋

使う食材は3つだけ。だった3つで本当にさけるチーズが作れるのでしょうか。モッツァレラチーズは森永乳業より発売されている「クラフト フレッシュモッツァレラ」を使用。こちらは初めから適度なサイズになっているので、そのままお湯に入れられます。

元のサイズが大きいモッツァレラチーズを使う場合は、細かくカットして使うようにしてください。大きすぎるとチーズが溶けにくくなってしまいます。

お湯の温度に気をつけて!

さけるチーズを作るうえで注意しないといけないのがお湯の温度です。チーズを溶かすという意味でもそうですが、一番の理由は火傷。
モッツァレラチーズ にお湯を注ぐ
お湯の温度の目安は80℃ほど。ある程度温度が高くなければ、チーズがうまく溶けません。チーズを伸びた状態にするにはお湯で少しずつ溶かしながらこねる必要があるため、生地が厚めのゴム手袋は必須です!

お湯に入れるとモッツァレラチーズの表面がすぐに溶けはじめました。
溶けたモッツァレラチーズ
チーズをよくこねていきます。はじめはボソボソとしていますが、3分ほどこねると徐々にチーズがまとまり、伸びるようになってきます。
ボソボソなモッツァレラチーズ

束ねて繊維を入れよう

伸びたモッツァレラチーズ
こねた状態では繊維が縦に入っていないため、市販のさけるチーズみたいにさけません。そこで今度は伸ばしてた束ねるという工程10回ほど繰り返します。そうすることで縦の繊維が生まれ、きれいにさけるようになります。

1 2