辛さがやみつきに!『食べラー肉うどん』

普段はご飯に乗せて食べることの多い食べるラー油をうどんを絡めることで、お手軽に辛めのうどんの出来上がり!もちろん辛いのが苦手な方は、食べるラー油を少なくしたりすると調節もできます。反対に辛いのが食べたい方は追いラー油をしてみたり、炒める時に豆板醤を使うと本格的な味になります。

食べるラー油を使うことで、料理にコクが出て普通の肉うどんが一気に食べごたえのある料理に変身!一度試してみるとやみつきに!今回のレシピでは牛バラ肉を使いましたが、もっと担々麺風にするならばひき肉がおすすめです。ひき肉と食べるラー油を炒めてうどんの上にのせて、青梗菜を添えれば、より担々麺風になりますよ。

ねぎをたっぷり入れて

この料理に欠かせないものは、うどんにラー油そしてネギです。野菜があるかないかで料理の完成形もかなり変わってきます。白髪ねぎをうどんの上に乗せればまさに完璧!

坦々うどんをより一層引き立ててくれます。もちろんネギだけではありません。いろんな野菜を入れてみると、味わいも変わってきます。もやしを入れればシャキシャキしたもやしと辛めの肉が非常によく合います。

ひき肉にナス、食べるラー油で麻婆茄子風にして、うどんに乗せるもアリです。バリエーションは無限大ですので、是非いろいろ作ってみてくださいね。

材料(1人分)
牛バラ肉
200g

きんぴらごぼう(市販)
1パック

ご飯
丼1杯

サラダ油
小さじ2

冷凍うどん
2玉

豚バラ肉
150g

白ねぎ
1/2本

醤油
小さじ2

食べるラー油
大さじ3

温泉卵
1個

白髪ねぎ
適量

青ねぎ
お好みで

(A)

めんつゆ
大さじ6

お湯
250cc

バター
1片
手順
1. フライパンで豚バラ肉を中火で炒め、醬油と食べるラー油を加えて味をつける。

2. 丼に(A)を入れ溶かす。冷凍うどんを解凍する。

3. 丼に解凍したうどんを加え、[1]をと白髪ねぎ、温泉玉子をのせ、お好みで青ねぎをかけたら完成!