老若男女に愛されるイタリアの伝統料理「パスタ」。

イタリアでは国民食とまで言われますが、日本にもイタリア料理店がずいぶんと増え、家庭料理としても身近になりましたよね。モテる男はおいしいイタリア料理店を知っている。これはもう現代っ子のセオリーと言っても過言ではないはず。

「一人暮らしだから……」「十分な調理器具がないから……」と、そんな理由でパスタ作りに挑戦することを諦めてしまってはいませんか?

実は、料理初心者でもポイントをいくつか抑えるだけで美味しいパスタが作れます。今回は、フライパン一つでできてしまう、ペペロンチーノの作り方をご紹介いたします!

材料

・乾燥パスタ(湯で時間7分)×100g

・ニンニク×1片

・唐辛子×1個

・塩×5g

・黒コショウ×1g

・水×600g

・オリーブオイル×15g

え? これしか使わないの? はい、これしか使いません!

ペペロンチーノというのは本来こういうもの。イタリアでは「パスタ麺とニンニクと唐辛子があれば、とりあえず食うのには困らないでしょ」ということわざもあるくらい。

言い換えれば、これこそが本場のペペロンチーノ! 正確には「アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ」。ちなみにイタリア語で、アーリオはニンニク、オーリオはオリーブオイル、ペペロンチーノは唐辛子という意味です。

作り方

1.食材を炒める

水とパスタ以外の食材をフライパンへ入れ、弱火でじっくりニンニクと唐辛子を炒めます。この工程の目的は、ニンニクと唐辛子の香りをじっくりとオイルへ移すこと。

こうすることで香ばしいニンニクの香りとピリッと唐辛子が効いたおいしいペペロンチーノのソースができあがります。このとき、“絶対に”ニンニクを焦がさないよう気をつけましょう! これ大事!

ポイント

弱火でじっくり加熱していくと、次第にニンニクが色づいてきます。このとき大切なのは「もう少し熱を加えたいかな?」くらいのところで次の工程へ進むこと。ニンニクに色がついてくると途端に焦げ付きやすくなるので注意してください!

また、ニンニクは細かく切ると焦げやすくなるため、潰してそのまま入れましょう。手や包丁のハラの部分で勢いよく潰してあげると、ニンニクの香りも立ちますよ!

辛いのが苦手な方は唐辛子の種を抜いてそのままフライパンへ。普通くらいの辛さがお好みなら種を抜いてから包丁で刻んで。激辛がお好みなら種ごと入れてもヨシ! お好みで適宜調整してください!

2.水を加える

熱したオイルに水を入れると「ジュゥゥゥ!」と激しく跳ねる場合があるので気をつけて行ってください。水は一気に流し込むのがポイントです。水を入れることでフライパンの温度が一度下がるため、コンロの火を最強にして一気に沸騰させましょう!

3.パスタ麺を入れる

鍋からはみ出た麺がコンロの火で焦げてしまう場合があるので、麺を入れるときはコンロの火を弱火にします。麺がフライパンにすべて収まったら再度強火にして一気に過熱!

麺を入れてすぐは麺同士がくっつかないように、また、麺がフライパンにくっつかないように、トングや菜箸などで適度に混ぜてあげる必要がありますが、麺が湯全体に浸かる状態になったらあまりいじらないこと。

常に麺を触っていると湯の温度が上がらず気化しにくくなり、結果的にグデグデな麺に。高温を保つことで、しっかり時間内でアルデンテ(歯ごたえが残る状態)に仕上がります。

1 2