今回は、ひき肉や卵を包んで作る大人気の鶏チャーシューレシピ「九代目鶏チャーシュー」をご紹介します。肉を肉で包むの!? とびっくりするようなレシピですが、食べてみるとさらにびっくり!ご飯のおかずにも、お酒のおともにもぴったりな料理に仕上がります!

Sponsor link

基本のレシピで簡単!鶏チャーシューの作り方

カットした鶏肉
鶏モモ肉を広げたらフォークで全体に穴をあけ塩胡椒をします。次に包みたい食材をモモ肉で巻いて、調理中に型崩れしないようにしっかりとようじを刺して留めます。

今回は合い挽き肉におろししょうが、食べるラー油、そして醤油を混ぜたものとうずらの卵を包みます。そして油をひいたフライパンで全体に焼き色が付くまで焼きましょう。
巻いた鶏肉
焼き色がついたら耐熱皿に移し、すき焼きのタレをかけてレンジで加熱します。しっかりと調理するためにも何度か肉を返して加熱を繰り返しましょう。レンジのワット数にもよりますが数分ずつ2〜3回に分けて肉を返しながら加熱するようにしてください。

しっかりと加熱ができたチャーシューを食べやすい大きさに切り、最後に耐熱皿に残ったタレをかけて出来上がりです!

ひき肉とうずらの卵を包んだ鶏チャーシューは、組み合わせの面白さだけでなく、ひと口食べたときのインパクトも大きいのでぜひ作って食べてみてください!

タレでアレンジも可能!

鶏肉にたれをかけている
もちろん、すき焼きのタレをメインにした甘辛い味付けもおいしいですが、その他の調味料で味付けして仕上げるのもおすすめです。

例えば、オリーブオイルで焼いて仕上げにニンニクやトマトソース、お好みでフレーバーソルトやチーズなどを加えてイタリアン風にアレンジした鶏チャーシューも、大人から子どもまでおいしく食べられるおすすめアレンジレシピです。

色々包める!アレンジ無限な鶏チャーシュー

鶏肉をカットしている
鶏肉に包む食材のアレンジも無限。さらに鶏モモもも肉に包む食材のアレンジも無限にあります。好きな食材を何種類か組み合わせて作るのもおすすめです。

基本となる鶏チャーシューのレシピは、何も包まず作ってもとてもおいしいですが、作る際は気になる食材を包んで、自由にアレンジしてみてください!

「九代目鶏チャーシュー」の作り方

材料(1人分)

鶏モモ肉:350g
牛豚合挽き肉:100g
うずらの卵(水煮):4個
すき焼きのタレ:100cc
塩:適量
胡椒:適量
サラダ油: 大さじ1
(A)
生姜すりおろし:小さじ1
食べるラー油:小さじ2
醤油:小さじ1

手順

1. ボウルに牛豚合挽き肉と(A)を混ぜ合わせる。うずらの卵は数カ所穴を開ける。
ひき肉
2. 鶏モモ肉に塩胡椒を振り、広げて上に[1]のタネとうずらの卵をのせ、端から巻いて巻き終わりをつまようじで留める。
丸めた鶏肉
3. フライパンにサラダ油を引き、[2]の表面に焼き色をつける。
鶏肉を焼いている
4. 耐熱容器に[3]を移し、すき焼きのタレをかけてラップをし、600Wのレンジで4分加熱する。
焼肉のたれをかけている
5. 肉を返してタレをかけ、さらに4分加熱し、もう一度肉を返してタレをかけ、再度4分加熱する。
鶏肉をレンジで加熱している
6. 食べやすい大きさに切って皿に盛り付け、タレをかけたら完成!
鶏肉をカットしている

調理時間

30分

簡単鶏チャーシューを食べてみて!

いろいろな食材を包んだり、ソースを変えるなど、たくさんレパートリーを増やして、いざというときの一品として役立ててみてください!