手に持ったリンゴ
シャキシャキとした食感とみずみずしい甘さを楽しめる「りんご」。スイーツやサラダ、離乳食など、幅広い料理で活用する果物です。

りんごは1年を通して手軽に購入することができ、日持ちもするため家にストックしておくにも便利ですよね。

そんなりんごをよりおいしく食べるには、りんごの特徴を見極め、上手に保存することが重要です。今回は、おいしいりんごの選び方と上手な保存方法についてご紹介します!

Sponsor link

リンゴの選び方

りんごは品種によって味や食感、見た目が異なりますが、おいしいりんごには概ね共通した特徴があります。それらを見極めるポイントについて、それぞれ詳しくみていきましょう。

色合い

赤いりんごはヘタの周りからおしりの方まで全体的に赤く色づき、鮮やかなものがいいとされています。

りんごは太陽の光を浴びることで赤く色づき、甘味が増して味も濃くなります。また、品種にもよりますが赤色がはっきりして濃いものほど、蜜が多くなります。赤色が鮮やかで全体的に濃いものを選んでください。

おしり

りんごのおしりはくぼみが深く、変形していないものがいいでしょう。おしりの色合いを確認するときに、形も一緒にチェックしてください。

ツル

ツルとはヘタの部分のことを指します。りんごのツルは太くて、ツルの根本が深くくぼんで変形していないものがいいでしょう。

ツルが太いほど木から実に栄養や水分が届きやすく、りんごがおいしくなるといわれています。

リンゴに蜜が入る理由

りんごを切ると、中に黄色い蜜が入っていることがあります。この蜜がたっぷり入っていると、りんごはより甘くておいしいですよね。これは、りんごに含まれるでんぷんが糖に変化するためです。

りんごの葉に光が当たると、でんぷんが生成され水に溶けやすい「ソルビトール」という物質に変化します。このソルビトールが酵素によって果糖やショ糖といった糖に変えられることで、りんごが甘くなるのです。