鶏肉とネギを使ってすき焼き味に仕上げた「チキすきたまゲッティー」は、とろ〜りとした温泉卵に絡めて食べるパスタ。

ゴマ油で香ばしく焼いた鶏モモ肉と、白ねぎを喉越しよくいただけるメニューです。ジューシーな鶏モモ肉と甘くてとろんとした白ねぎが贅沢に入った和風パスタ、ぜひ作ってみてくださいね。

Sponsor link

鶏とネギですき焼き風のパスタ

すき焼き風パスタ
鶏モモ肉と白ねぎを焼いたフライパンでパスタも茹でる「チキすきたまゲッティー」。パスタを別茹でしなくてもいい楽ちんメニューです。鶏モモ肉のおいしいエキスがたっぷり残ったフライパンでパスタを茹でるから、パスタの芯までうまみが届きそうです。

味付けに使うのは、市販のすき焼きのタレです。調味料を計らなくてもいいから、手軽にできる!「ダシがきいてない」という失敗もありません。パスタのゆで汁に、そのままのすき焼きのタレを入れるだけで簡単に味付けできます。

すき焼きの定番をインしても

海苔を散らしたパスタ
「チキすきたまゲッティー」の具は鶏モモ肉と白ねぎです。それだけではちょっと寂しいなと感じたら、すき焼きの定番を入れてみてください。

例えば、キノコ類は特におススメです。キノコからもダシが出て、旨さ倍増です。他にも、人参や春菊を添えると彩りもよくなりますよ。

卵でとじればお弁当用になる

温泉玉子のパスタ
この「チキすきたまゲッティー」は、お弁当のおかずにもなります。お弁当に入れる場合は、卵にしっかり火を通して、完全に冷めてからお弁当箱の蓋をしてくださいね。温かいまま蓋をしてしまうと、雑菌が繁殖してかなり危険な状態になってしまいます。

食中毒に注意して!

食中毒の菌は35度くらいが一番増えやすいと言われています。お弁当用の「チキすきたまゲッティー」を作ったら平らなお皿などでよく冷まして、冷めきってからお弁当箱に入れてください。

夏場は持ち歩きの際に保冷シートなどを使うなどして、食中毒の防止も忘れずにお願いします。

「チキすきたまゲッティー」の作り方

材料(1人分)

パスタ(7分茹でタイプ):100g
鶏モモ肉:200g
白ねぎ:1/2本
ごま油:小さじ1
水:350cc
すき焼きのタレ:50cc
刻み海苔:適量
温泉玉子:1個

手順

1. 白ねぎは斜め切りにする。鶏モモ肉は一口大に切る。
カットした鶏肉
2. フライパンにごま油を引き、鶏モモ肉に皮目から焼き色がつくまで焼いたら白ねぎを加え、白ねぎにも焼き色をつける。
斜め切りした白ねぎ
3. 焼き色がついたら白ねぎを一旦取り出して水を加え、沸騰したらパスタを加えて、途中で混ぜながら5分間茹でる。
パスタを茹でている
4. すき焼きのタレを加え、白ねぎを戻して和えたら皿に盛り付け、刻み海苔と温泉玉子をのせたら完成!
鶏肉のパスタ

すき焼きが、もっと身近に

デパートの対面販売で買うような高級なお肉を使ったすき焼きもおいしいですが、ちょっと手が届きにくいですよね。その点、鶏モモ肉は手ごろな値段で購入できます。

すき焼きのタレと温泉卵を使う「チキすきたまゲッティー」なら、すき焼きが身近なごちそうになりますよ。