炊飯器で簡単!本格カオマンガイレシピ

「カオマンガイ」って知ってますか? カオマンガイは東南アジアの屋台料理の定番! ごはんの上に、しっとりとした鶏肉をドーンと乗せたボリューム満点のチキンライスです。

今回はそんなカオマンガイをなんと、ビールを使って炊飯器ひとつで簡単に、本格的な味で作っちゃいます!

材料(1人分)

米:1合
鶏モモ肉:350g
白ねぎ(みじん切り):1/4本
黒ビール:180㏄
塩:適量
胡椒:適量
青ねぎ:お好みで
(A)
にんにくすりおろし:小さじ1/2
生姜すりおろし:小さじ1/2
鶏がらスープの素:小さじ1/2
(B)
すき焼きのタレ:大さじ2
酢:小さじ2
生姜すりおろし:小さじ1/2
食べるラー油:大さじ1

ビールを使うことで香りが豊かに!

実は、ビールにはお肉を柔らかくする効果があるんです! これは、有機酸や炭酸の働きによって肉のたんぱく質が分解されるから。注ぐだけなのでお手軽ですよ。

そんなビールを炊飯器に注いでスイッチオン!するだけで、ビール独特の風味とほんのりとした苦味もプラスされて、あら不思議!こんなに簡単なのに、本格的な味になるから驚きです。

ビールが本格的で絶妙な美味しさと柔らかさを出すのに「いい仕事をしてくれる」、というわけなのです。

余ったビールを再利用

家で飲んでるビールが余っちゃった、なんてことありますよね。そんな余ったビールでも大丈夫!

半分は炊飯器に、半分は飲みながら料理するのもいいですね。お酒を飲みながらのんびりと楽しめるのも料理の醍醐味のひとつです。今回は、コクのある黒ビールを使って風味を出していますが、もちろん普通のビールでも大丈夫! 普段飲んでるビールや発泡酒でも美味しく作れますよ。

食べるラー油で作る簡単アレンジダレ

味のアクセントに、食べるラー油を使った簡単なタレを作ります。食べるラー油はそれだけでも美味しいのですが、ここではちょっとだけ材料をプラスしちゃいます。

合わせるだけで、簡単!美味しい甘酸っぱいタレの完成です。これをたっぷりかけたら、本格的なカオマンガイのできあがり。食べ応え十分!お酒にも合う一品ですよ。

手順

1. 鶏モモ肉に塩胡椒をする。白ねぎはみじん切りにして、(B)と混ぜ合わせる。


2. お釜に米と(A)、黒ビール、鶏モモ肉を入れて、通常の炊飯をする。


3. 鶏モモ肉を取り出して食べやすい大きさに切り、ご飯を器に盛って鶏モモ肉をのせて[1]のタレをかけ、お好みで青ねぎを散らしたら完成!

調理時間

10分

カロリー

1,586kcal

香り豊かなカオマンガイを楽しんでみて

炊飯器ひとつで、ご飯も肉も一気に料理でき、しかも本格的なカオマンガイが作れるなんて最高ですよね。ビール片手に、炊飯器のスイッチオン!炊けるまでの時間で簡単タレを作ったら、あっという間に料理終了。あとは飲みながら待つだけ!

鍋いらず、フライパンいらずの簡単で本格的なカオマンガイ、作ってみませんか?