スーパーやコンビニなど、どこでも目にするようになった食べるラー油。もはや常備だれの定番と言っても過言ではありませんよね。

そんな食べるラー油、実はとっても簡単に作れることをご存知ですか?今回は市販のものよりご飯もお酒も進んでしまう「GOHAN流食べるラー油」を紹介します!

Sponsor link

名脇役!食べるラー油の手作りレシピ

食べるラー油を手作りってなんだか難しそう…そんな心配は無用です! 材料も手に入れやすいものばかり。柿の種やさきいかなど、おつまみが余ったときにぜひとも挑戦していただきたいレシピです。

作り方も超簡単!材料を切って、炒めて、調味料とあわせたら完成。味付けにはすき焼きのタレを使うので、細かい調味料の計量もありません。

さきいかで旨みアップ

このレシピのポイントはさきいかを加えることです。さきいかが全体の旨味をグーンとアップ!

また、粗めに砕いた柿の種と最後に加えるフライドガーリックで、ザクザクとした食感も楽しめます。

「GOHAN流たべるラー油」の作り方

材料(1人分)

  • 玉ねぎ:1/8個(25g)
  • にんにく:25g
  • 柿の種:30g
  • さきいか:15g
  • サラダ油:大さじ1
  • 塩:小さじ1
  • ラー油:大さじ2
  • フライドガーリック:お好みで
  • (A)

  • 一味唐辛子:大さじ1/2
  • すき焼きのタレ:大さじ1
  • (B)

  • サラダ油:50㏄
  • ごま油:80㏄

手順

1. 玉ねぎとにんにくはみじん切りに、さきいかは5mm幅に切る。柿の種は袋に入れて粗めに砕く。
柿の種を潰している
2. フライパンにサラダ油とにんにくを入れて弱火で香りが出るまで炒めたら、玉ねぎを加えて色が付くまで中火で炒める。
にんにくを炒めている
3. さきいかと柿の種を加えてさらに炒め、パラパラしてきたら(A)を加えてさらに炒める。
柿の種
4. (B)を加え、ふつふつしてきたら火を止めて塩を加える。
手作り食べるラー油
5. 粗熱が取れたら保存容器に入れ、ラー油とお好みでフライドガーリックを加えたら完成
手作り食べるラー油

調理時間

25分

カロリー

1,789kcal

食べるラー油を手作りしてみて!

食べるラー油の簡単手作りレシピ「GOHAN流食べるラー油」を紹介しました。

簡単に作れる食べるラー油は使い方も自由自在。あと引く旨さはまさに“ごはん&ビール泥棒”です! 毎日のごはんやおつまみにちょっとパンチが欲しくなったらぜひ作ってみてください!