皮付きのにんにく
独特の香りが食欲をそそる「にんにく」。しかし、にんにくを食べたときに気になるのがそのニオイですよね。

コンビニなどで手軽に購入できる口臭ケアアイテムもありますが、対策をするのは口臭だけで大丈夫でしょうか?実は、にんにくを食べたあとは口臭だけでなく、体臭としてもニオイが発生してしまうのです。

今回は、にんにくを食べたときに気になる口臭・体臭のケア方法についてご紹介します。

Sponsor link

にんにくを食べるとなぜ臭う?原因は?

皮付きのにんにく
健康や疲労回復など、私たちの身体にとって嬉しい効果が期待できるにんにくですが、食べるとその独特のニオイが気になってしまいますよね。他の食材では代替できないおいしさもあり、ついたくさん食べたくなってしまいます。

しかし、人と会う約束があるときなどはにんにくを食べるのをやめたり、量を少なくしたりと気を使う必要があります。

そもそもなぜ、にんにくを食べると独特のニオイが発生してしまうのでしょうか?それは、にんにくに含まれる「アリシン」という成分によるものです。

アリシンはにんにくをはじめ、ネギ類に多く含まれており、強い殺菌作用や抗酸化作用があります。そのため風邪予防や抗ガン作用が期待でき、他にも血流改善や疲労回復など、さまざまな効果があるといわれています。

にんにくが健康にいいとされる、代表的な成分のひとつです。その一方で、アリシンはにんにくの独特のニオイのもととなっている成分なのです。

とはいっても、実は調理前のにんにくにはアリシンはほとんど含まれていません。生のにんにくには「アリイン」という成分が含まれていて、にんにくを刻んだりすりおろしたりことによって働くアリイナーゼという酵素によって、アリインがアリシンへと変化するのです。

つまり、カットしていない塊のにんにくよりもスライスしたもの、スライスしたものよりも刻んだもの、刻んだものよりもすりおろしたものの方が、ニオイのもととなるアリシンが多く含まれているのです。

にんにくを食べて消化・吸収されると、このアリシンが血液に乗って全身をめぐります。そして肺に達すると、口臭としてニオイが発生するのです。

さらに、全身を巡ったアリシンは、皮膚からも汗として排出されます。そのため、体臭としてもニオイが発生してしまうのです。

ニオイが消えるまでかかる時間

にんにくを食べると、翌日になってもニオイが消えないことがあると思います。にんにくのニオイが消えるまでの時間は、平均して10時間以上かかるといわれています。

口の中だけのニオイであれば、十分な歯磨きや歯間掃除などをすれば数時間で消えるといわれていますが、体臭まで完全に消えるには16時間、長い人では約2日もかかるという話もあります。

こうなると、当日はもちろん翌日や翌々日に人と会う約束があるときなどは、にんにくを食べるのを控えざるを得なくなってしまいますね…。

もしもにんにくを食べたあとになかなかニオイが消えない場合には、市販のブレスケアアイテムなどを活用してニオイ対策をする必要がありそうですね。