収穫した大量の大根
一年中店頭で見かける大根は食卓に欠かせない野菜です。しかし、一本丸ごと購入してもなかなか使い切れずにだめにしてしまった…という方も多いかもしれませんね。

ですが、適切に保存すれば大根はほかの野菜と比べてかなり日持ちします。今回は美味しい大根の選び方から上手に保存する方法をご紹介します。ぜひ、保存方法をマスターして大根を美味しく召し上がってくださいね。

Sponsor link

新鮮な大根の選び方

丸々1本の大根を選ぶ場合

丸々1本の大根
新鮮な大根を選ぶポイントは主に4つです。ひとつずつ詳しくみていきましょう。

表面が滑らかでみずみずしい

新鮮で美味しい大根は表面の凸凹が少なく滑らかです。そしてみずみずしく、白い部分(根)に張りがあります。

大根は収穫から時間が経つにつれて水分が蒸発してしまうので、新鮮ではない大根は表面がしわしわになります。できるだけ表面が滑らかで張りのある大根を選ぶようにすると新鮮な大根が手に入りますよ。

ひげ根が少なく真っ直ぐに伸びている

栄養が豊富な土壌で育った大根は下に真っ直ぐ伸びていきます。大根は栄養が足りない場合、より多くの栄養を得ようとしてひげ根を伸ばしていきますが、栄養が豊富な土壌で育っていれば栄養を求めてひげ根を伸ばす必要もありません。

ですから、美味しくて栄養がいっぱいの大根は、ひげ根やひげ根の跡が少なく、真っ直ぐ伸びていて先端の部分も丸みを帯びているのです。そのため、購入する際はひげ根やひげ根の跡が少なく、まっすぐで先端部分が丸みを帯びた形の大根を選びましょう。

葉が青々として元気がある

多くの陽を浴びて育った大根は栄養満点です。葉がついている場合は、その葉の様子を見れば陽に当たっていたかどうかわかります。また、収穫してから時間が経っていると、葉は元気がなくなり、茎や葉の色は黄色に変色していきます。青々としてピンとしている大根は新鮮な証拠です。

ずっしりと重みがある

収穫してから時間が経つと大根は水分が飛んでしまい、鮮度が悪くなってしまいます。そのため、新鮮な大根は水分が多くてずっしりと重みがあります。店頭に並ぶ大根をいくつか手にとって重さを比べてみるといいでしょう。できるだけ重い大根を選ぶと鮮度の高い大根を手に入れることができるはずです。

カットされた大根を選ぶ場合

半分にカットした大根
カットされた大根を購入するときはまず、切り口に注目してみてください。カットされてから時間が経っていると切り口から水分が蒸発してしまい、乾燥していることがわかります。

乾燥すると筋が目立ち、「す」が入っている状態になります。切り口がみずみずしい感じがあれば新鮮な大根の証拠です。いくつか見比べてから購入するといいでしょう。

丸々1本の大根を保存する場合

丸々1本の大根
丸々一本の大根を保存する場合は、霧吹きなどで少し湿らせた新聞紙にくるんでおきましょう。こうすることにより、水分が蒸発して乾燥することを防ぐことができます。また、大根は立てて保管すると長持ちします。冬は冷蔵庫に、夏は野菜室に入れて保管しましょう。

丸々一本だと長すぎて冷蔵庫に入らない場合は半分に切り、切り口をラップやキッチンペーパーでくるんでおきます。しかし、切ってしまうと劣化が早くなるので、できるだけ早めに消費することをおすすめします。

保存する前に根と葉はわけること

葉付きの大根を保存する場合は、必ず葉と白い根の部分を切って分けておきましょう。そのままにしておくと、葉が根から栄養を摂ってしまい、根の味が落ちてしまいます。

カットした大根の保存方法

畑に生えた大根

冷蔵保存する場合

カットした大根を保存する場合は、キッチンペーパーなどで切り口をくるみ、立てた状態で冷蔵庫に入れましょう。大根が立てづらいときは、牛乳パックやペットボトルを横半分にカットしてその中に入れると、収納しやすくなるのでおすすめです。

冷凍保存する場合

大根を冷凍保存する場合は、いくつか方法があります。

切って、そのまま保存

1つ目は切って保存する方法です。いちょう切りや拍子切りにしたら保存用袋に入れて冷凍庫で保管します。

下味をつけて保存

2つ目は、あらかじめ切っておいた大根にドレッシングや塩などで味をつけてから保存する方法です。拍子切りや千切りにした大根に調味料をかけ、まんべんなく味をつけてから保存用袋に入れましょう。味をつけておくことで、解凍したあとそのままサラダなどに使えるというメリットがあります。

すりおろして保存

3つ目はすりおろしてから冷凍庫で保存する方法です。すりおろした大根は保存用袋などに入れて保存します。すりおろした大根を小分けにして使いたいというときには、袋ではなく製氷皿に入れて冷凍するとブロックごとに使用できるのでおすすめです。

葉の部分を保存する場合

葉の部分も保存したいときは、刻んで冷凍庫での保存がオススメです。刻んだ葉に少量の塩をまぶして塩もみし、葉から出た水分をよくふき取った後、ラップなどで密閉して小分けにしてから保存用袋などに入れて冷凍します。

美味しい解凍方法

丸々1本の大根
冷凍保存した大根は調理する際、凍ったまま煮物や汁物に使えます。もし、急ぎで使いたいという場合は電子レンジので解凍モードを使用してください。なお、すりおろした大根の場合は冷蔵庫でゆっくり解凍することをおすすめします。

この方法で保存しておくと1か月ほど持ちますし、解凍してからすぐに調理することができるので便利ですよ。

用途に合わせて大根を上手に保存しよう!

このほか、日陰に干して乾燥させてから保存する方法など、大根の保存方法はいくつもあります。保存方法よっては1か月くらい保存することのできる便利な野菜です。ぜひ様々な方法を試して自分に合った方法を見つけてみてくださいね。

他の野菜の保存方法も要チェック!