自販機に変わり種の商品が登場

みなさんは外出時に喉が渇いたとき、どこで飲み物を買いますか。コンビニ? スーパー? もしかしたら小洒落た水筒に入れた飲料水を飲む、という方もいるかもしれない。

しかし、コンビニやスーパーよりももっと身近に飲み物を売っているものがあるではないか! そう、自動販売機だ。24時間、冷たい飲み物やら温かいものをいつでも提供してくれる、とても優れた機械だ。

最近、そんな自動販売機で飲み物を買おうとしたのだが、思わず目を疑ってしまうような商品を見つけてしまった…。
それがこちら!

高級中華料理が缶で登場

「気仙沼産ふかひれ使用 ふかひれスープ」。なんと“ふかひれスープ”が缶に詰められて売られていたのだ。しかも駅構内の自動販売機に。

屋外にある自動販売機では冒険した飲み物やマニアチックな飲み物が売られているのをたまに見るが、この「ふかひれスープ」とやらが売られていたのはなんと駅構内の自動販売機。「この自販機、めっちゃ冒険してるな」と思いつついろいろと調べてみると。

「気仙沼産ふかひれ使用 ふかひれスープ」は秋冬限定の商品らしく、JR東日本の自動販売機「acure(アキュア)」とオンラインショップで販売されているのだそう。

販売に至った経緯は「自販機に中華メニューが少なかったから」とか。おしることかおでんは見たことあるけど、中華系なんて一度も見たことないぞ! 本当にあるのか? 逆にそっちのほうが気になってきた。

ちなみに、商品説明はこんな感じ。

高級中華の人気メニュー「ふかひれスープ」が登場!!

気仙沼産ふかひれパウダー100%使用、コラーゲン1,000mg入り。

秋冬にぴったりの1品です。

※具材は入っていません。ふかひれは粉末で0.1%使用。

味見してみた

やはり気になるのは味。早速ひと口飲んでみると…ふ、普通だ。というか、なんて変哲もない中華スープだ。ふかひれは粉末で0.1%しか入っていないので、ふかひれの味がしないことは承知していたが、この味は予想以上にスタンダードな味だった。

や、ヤバい。このまま終わってしまってはブログでやっているような商品レビューの記事になってしまう。どうしたものか…と考えついた結果。

中華やったらラーメンやん!

そうや、中華やったらラーメンにしたらいいんや! ということで、 ふかひれスープでラーメン作りに挑戦してみた。

まず、ふかひれスープとやらを残らず鍋にぶち込む。

そのままではあっさりしすぎていたので、溶き卵を投入。

茹でた中華麺にスープをかけ、ネギを散らせば「ふかひれスープラーメン」の出来上がり!

具材も盛り付けも超シンプルだが、中華スープと卵の優しい匂いがふわっと香ってくる。これは期待できそうだ!

実食!

早速食べてみたのだが…麺の風味にスープが負けとる! 何度食べても感じるのはネギや卵、麺の風味だけ。なんてこった、ふかひれスープに新たな革命を起こそうと思ったのに、麺を加えるだけではダメだったようだ。

ベースにすると旨いかも

そもそも、そのまま美味しく飲めるように開発されているため、スープとして利用するよりはあれをベースにラーメンスープを作った方が美味しかったのかもしれない。今年の冬はもう飲むことはないと思うので、来年の冬に“覚えていたら”また作ってみようと思う!

朝にいいかもしれない

スタンダードながらも、ほどよい塩気とすっきりとした味わいを楽しめる「気仙沼産ふかひれ使用 ふかひれスープ」はホット一息つきたいなどにはいいのかもしれない。

「acure(アキュア)」の自動販売機とオンラインショップで販売されているので、気になる方はぜひ、買ってみてほしい。電車の待ち時間に飲んでたら、確実に二度見されるとおもうけど。

ヨーグルトの水分切るとチーズになるらしい
【男飯】一晩おくとチーズが作れる!? 水切りヨーグルトとやらを作ってみた | GOHAN