目次

  1. 作り方をご紹介
  2. 完成!
  3. サーモン、ご飯繋がりならコイツも忘れちゃいけねー!

不動の人気を誇るサーモンをアレンジ!

つやっつやのシャリにプリップリのネタが乗ったお寿司。
今では海外にもお寿司を提供するお店も増え、国際的に人気を集めつつあります。

ところで、お寿司のなかで一番人気のネタをご存知ですか。
マルハニチロ株式会社が行った「回転寿司に関する消費者実態調査2018」によると
7年連続で「サーモン」が一番人気だそうです。

GOHANでも即席のタレに10分漬けるだけで作れる「即漬けサーモン飯」を
ご紹介しましたが、想像以上に反響がありました。

揚げるとさらに美味しくなる!

サーモンは生で食べる方も多いかと思いますが、

油で軽く揚げるだけでさらに美味しくなります。

 

サクッとした衣にホロッとしたプリプリの身、そこに

タルタルソースをかければもう無敵!

向かうところ敵なしの美味しさです。

今回は食べ始めると止まらなくなる美味しさを誇る
「レアカツサーモン丼」の作り方をご紹介します。

作り方をご紹介

材料(1人分)

サーモン(刺身用):250g
ご飯:茶碗1杯
塩:適量
胡椒:適量
小麦粉:適量
溶き卵:1個分
パン粉:適量
サラダ油:大さじ4
タルタルソース:適量
青ねぎ:お好みで
すき焼きのタレ:大さじ1
レモン:お好みで

■ 調理時間:10分

手順

1. サーモンに塩胡椒を振る。

2.小麦粉→溶き卵→パン粉の順に付ける。

3.サラダ油で片面15〜20秒ほど揚げ焼きにする。

少量の油で作れる

揚げるというよりは“揚げ焼き”にするというイメージなので
油の分量も少なめでOK。

油の分量が多いと油処理剤を使って固めるなどして
特別な処理を施さなければなりませんが、少量の油の場合は
新聞紙など吸油性に優れた紙に染み込ませればそのまま捨てることができます!

自然発火を避けるため、水をしみ込ませ
口をしっかりとめて燃えるゴミと一緒に捨てましょう。

4. 食べやすい大きさに切ってご飯の上に盛り付け、タルタルソース、すき焼きのタレをかけて青ねぎを散らし、お好みでレモンを絞ったら出来上がり!

完成!

ミディアムレアがたまんねー!

きつね色の衣を纏うミディアムレアなサーモンに
たっぷりのタルタルソースとネギを散らせば
食べる前から「旨い」ってのがビンビン伝わってくる!

口のなかでジューシーなサーモンとタルタルソースのコクと酸味、
シャキッとしたネギの独特な風味が出合い旨さ倍増!
もうたまらない、止まらない。
アツアツご飯と一緒に頬張ってサーモンの魅力を堪能してみてほしい。

サーモン、ご飯繋がりならコイツも忘れちゃいけねー!

【男飯】サーモンたたき丼 | GOHAN

【男飯】見たら作りたくなる!卵かけご飯アレンジ術3選 | GOHAN