カレーじゃないよ、カリーだよ!

子供から大人まで年代層問わず親しまれているカレー。

今や国民食と言っても過言ではないほど日々多くの人が口にしています。

この記事を読んでいる方のなかにも

俺、昨日カレー食べたわ、なんて方もいるのではないでしょうか。

ワンランク上の美味しさを求めて

日本のカレーといえば、野菜がゴロゴロと入っているのが定番ですよね。

具材をざっくりカットして鍋にぶち込み、炒めで煮込むだけなのでかなりラクできます。

 

しかし、カレーは少しの手間を加えるだけで

いつものカレーとは何倍も美味しくなるものです。

今回はひと手間加えたカレーの作り方をご紹介します!

隠し味はヨーグルト

使用する鶏モモ肉はあらかじめヨーグルトに漬け込んでおきます。

漬け込むことにより、ヨーグルトに含まれている乳酸が肉の筋繊維をほぐしてくれるので

柔らかくジューシーに仕上がります!
 

鶏肉だけでなく、鮭などの魚類にも応用できますよ。

 

また、肉を柔らかくするだけでなく、料理の味をまろやかにしてくれたり

魚やレバーなど臭みのある食材の下処理などにも活躍してくれます。

作り方をご紹介

材料(1人分)

鶏モモ肉:350g
玉ねぎ:1個
塩:適量
胡椒:適量
バター:1片
鷹の爪:3本
カレー粉(無塩):大さじ3
[ターメリック、コリアンダー、クミン、フェネグリーク、胡椒、赤唐辛子、陳皮] 
トマト缶:1缶(300g)
水:150㏄
(A)
にんにくすりおろし(チューブ可):大さじ1
生姜すりおろし(チューブ可):大さじ1
プレーンヨーグルト:150g
(B)
にんにくすりおろし(チューブ可):大さじ1
生姜すりおろし(チューブ可):大さじ1

■ 調理時間:60分

■カロリ:1662kcal

手順

1. 鶏モモ肉に塩胡椒をし、(A)を塗り込んで1時間ほど置く。玉ねぎはすりおろす。

2. フライパンにバターを引き、(B)を香りが出るまで炒めたら、鷹の爪と玉ねぎを加えてさらに炒める。

3. トマト缶を加えて強火で15分程ほど煮込み、カレー粉を加えて混ぜ合わせる。

4. 水、漬けておいた鶏モモ肉をつけ汁ごと加え、中火で20分ほど煮込む。塩胡椒で味を調え、火を止めて30分ほど寝かせたら出来上がり!

完成!

鶏肉がドンッと一枚乗っているところもゴージャス!

ヨーグルトに漬け込んだことにより

ふわっと柔らかく仕上がっています。

 

野菜がゴロゴロと入った家庭感のあるカレーもいいですが、

すりおろしの玉ねぎを使ったカレーもお店っぽさがあっていいですよ。

 

玉ねぎは飴色になるまで煮詰めることにより甘さが増すので

できれば飴色になるまで炒めることをおすすめします。

 

普通のカレーに飽きた、という方は

ちょっと作り方を変えて、挑戦してみてはいかがでしょうか。

カレーが余ったときはアレンジしよう!

【男飯】汁なしパワーカレーうどん | GOHAN

【男飯】カレータッカルビ | GOHAN