目次

  1. 簡単・ワンコインがテーマ
  2. 作り方をご紹介!
  3. 完成!

時短&簡単テクで胃袋を満たす!男の弁当

ジップロックにフタが閉まらなくなるほど

具材を詰め込み、そのインパクトから人気を集めた「ジップロック弁当」。

いつもGOHANを見ている人、たまに見る人、

ときどき見る人、ちょっとばっかし見る人ならご存じのはず!

 

現在、第3弾まで登場していますがこのあいだネットにて

意外と弁当を持参する男性も多いとの情報を入手し、ふと思ってしまった。

 

弁当レシピとして紹介するなら

世の男性諸君のためになるものを作りたいと。

簡単・ワンコインがテーマ

ということでより実用性のあるジップロック弁当レシピをご紹介するぞ!

なにかと忙しい朝でもサッと作って詰め込むだけ。

 

基本的には前日の夜に下準備を行い、朝にサッと作るイメージ。

 

今までの“ざっくりと感”を残しながら

お手軽さを重視にいろいろなおかず作りに挑戦していくので、

弁当のバリエーションに困ったときに参考にしてみてほしい!

作り方をご紹介!

レンチン生姜焼き:材料(1人分)

豚小間切れ肉:200g

玉ねぎ:1/3個

生姜すりおろし:大さじ1杯分

千切り生姜:1/2個

すき焼きのタレ:大さじ4

片栗粉:大さじ1

マヨネーズ:お好みで

手順

1. 薄切りにした玉ねぎ、豚肉、すき焼きのタレ、生姜すりおろし、片栗粉を入れて漬け込んでおく。

2.600Wのレンジで3分ほど加熱し、かき混ぜて再度600wのレンジで3分ほど加熱したら完成!

レンチン玉子焼き:材料(1人分)

卵:2個
めんつゆ:小さじ2
マヨネーズ:小さじ2
砂糖:小さじ2
醤油:小さじ1
水:大さじ1

フライパンいらず

玉子焼きは基本、玉子焼き用のフライパンを使って作る方が
多いと思いますが、今回ご紹介する調理法を使えば、
めんどくさい手順はおろか、フライパンさえ使いません。

レンチンしてラップでくるんで成形するだけで完成です!

手順

1.耐熱容器に材料を全て入れてかき混ぜラップをしておく。

2.1を600wのレンジで1分30秒加熱し、一旦取り出してかき混ぜる。再度600wのレンジで30秒加熱してかき混ぜる。

ラップで卵を(キャンディ風に)包み、600wのレンジで20秒加熱する。

3.食べやすいサイズにカットする。

完成!

コンテナタイプのジップロックに具材を詰め込めば出来上がり!

意外にもわりとちゃんとした弁当になってしまった…。

もっと“男の弁当”って感じを演出したかったのだが、
おかずを小分けにする「カラフルカップ」を使ってしまったので
若干可愛く仕上がってしまったようだ。

ちなみにポテサラとメンマはコンビニで市販されているものを使用した!

ほっかほか弁当は要注意!

熱々な状態でフタを閉めてしまうと
蒸気が充満し、衛生的によろしくないので、
粗熱がとれた状態でフタをするか、
保冷剤を入れて持ち運ぶようにしよう!

次回は

次回は「鶏ムネ肉と穂先メンマの中華炒め」をご紹介するぞ!

サッと作って詰め込むだけの弁当シリーズ乞うご期待!

関連するまとめ