白米という最強の食材をベースに、さまざまな具材を乗せることにより完成する丼(どんぶり)

ボリューム感もありお腹もしっかりと満たせることから、よく食べている人も多いはず。 しかし、それで満足してはいけない!丼はまだまだ色んな可能性を秘めている。

今回は、そんな可能性を探るべく美味しさを求め冒険した2品をご紹介!

1品だけやたらとスタンダードなレシピがランクインしているが、そこは気にしないでみてほしい!


そんな奴おれへんやろ〜『たこ焼き丼』

丸いフォルムの生地に青のりや粉末かつおをふりかけた、大阪のソウルフード「たこ焼き」。
普通に食べるならソースやマヨネーズをかけたりして食べますよね?

しかし、“普通”や“当たり前”という概念に疑問を持ち、新境地を生み出すのがGOHAN!
って感じで誕生したのが「たこ焼き丼」です。

ご飯の上にたこ焼きが乗っかり、さらにその上でかつお節が踊ります!


気になるお味は?

あつあつご飯との相性は…意外とイケる!
 

たこ焼きのモチっとした食感とあつあつのご飯を甘酸っぱいソースがグッと引き締めてくれる。

マヨネーズも“マイルドさ”の演出に一役買っている!

手作りだともっと美味しくなるかも

GOHANのレシピでは冷凍たこ焼きを使っていますが、自分で作った

たこ焼きなどを入れるともっと美味しくなる…はず。

 

ダシ入りたこ焼きなどで作ればご飯との相性ももっとよくなる…と思う。

味が気になる人はぜひ、挑戦してみて!

【詳しい作り方はコチラから】

やめておよしよ『お好み豚丼』

こちらも「たこ焼き丼」と同じく関西感があふれている「お好み豚丼」。 しかし、こちらはお好み焼きを作るのではなく、丼もので“お好み感”を演出!

ありそうでなかった作り方

豚バラ肉ともやしをサッと炒めてご飯に乗せたら、

あとはソースや青のり、卵黄をトッピングするだけ!

 

生地を作る手間もなく、ご飯の上にどんどん具材を乗せるだけで、

丼もの風お好み焼きのできあがり。

お好み焼きを食べた気になれる…かも

お好み焼きを食べたいけどお好み焼き粉がない、なんてときにもおすすめ。

ソースとマヨネーズ、揚げ玉が加わるだけで一気にお好み焼きに近づくぞ!

 

お好み焼きに入れる具材であれば、どの具材との相性もいいので、

好きな食材を加えて、オリジナルの「お好み豚丼」を作ってみてはいかが。

 

麺を入れてみてもおもしろいかも。でも、やっぱり普通のお好み焼きが好き。

【詳しい作り方はコチラから】

豪華に白飯で!『ステーキ丼』

最後は安定かつ王道の「ステーキ丼」。やっぱり丼ものといえばコレは外せない! 白米とミディアムレアのコントラストがたまらなく食欲を誘う。見た目の男飯らしさも見逃せない。

「たこ焼き丼」のインパクトが強すぎて、豪華な「ステーキ丼」が普通に見えてしまう。

しっとり仕上げるためには?

表面をしっかりと焼いたあと、アルミホイルで包むことにより、熱が逃げにくくなり

余熱で中にまで火が入る。

 

フライパンで焼いて中まで火を通そうとすると表面が焦げたり、肉も硬くなってしまうので、

時間に余裕があるときは、アルミホイルを使ってしっとり仕上げることをおすすめします!

ガーリックがいい仕事!

そのまま焼いて塩胡椒するだけでも充分美味しいですが、さらに美味しくしたい場合は

動画のようにバターでにんにくをしっかりと焼きましょう。

 

ガーリックバターで焼いたステーキに勝るものはありません!

手間いらずで簡単にできるのでぜひ、挑戦して見てください!

【詳しい作り方はコチラから】

自分は生粋の日本人だと思う人、麺類が好きな人はコチラもおすすめ!

やっぱ日本人ならコレでしょ!

【男飯】止まらないヨダレ!!絶対に旨い卵かけごはん3選 | GOHAN

旨そうなルックスしてやがる…

【男飯】自宅で極ウマ!?混ぜそば・油そば3選 | GOHAN

関連するまとめ